МЕНЮ

州に有利な拒否の税関手続き

第251条国に有利な拒絶のための税関手続の内容と適用

  1. 税関手続き 国家に有利な拒否-外国製品に関連して適用される関税手続き。これによれば、外国製品は、輸入関税、税金、特別、反税を支払うことなく、加盟国の所有権(所得)に無料で譲渡されます。この通関手続きの下で商品を配置するための条件に従い、ダンピング、対抗義務。
  2. 州に有利な通関手続きの対象となる商品は、ユニオン商品のステータスを取得します。
  3. 州に有利な通関手続きは、以下の商品には適用されません。
    1. 加盟国の法律に従って流通が禁止されている商品で、その所有権(収入)が計画されている商品。
    2. 期限切れの商品(消費、販売)。
  4. 州に有利な拒否の通関手続きを適用するための手続きは、通関規制に関する加盟国の法律によって確立されています。

第252条国家に有利な拒絶のための通関手続に物品を置くための条件

州に有利な通関手続きを拒否するための条件は次のとおりです。

  • この規範の第7条に従った禁止事項および制限の遵守。
  • 特定の通関手続きの適用の結果として、加盟国の法律によって別段の定めがない限り、商品の販売から受け取った資金を犠牲にして払い戻されない加盟国の州機関の費用の不在。州;
  • このコードの第4条のパラグラフ251に従って税関規制に関する加盟国の法律によって確立された要件の遵守。