МЕНЮ

税関地域外で処理するための通関手続き

第176条税関域外で処理するための通関手続きの内容と適用

  1. 税関手続き 関税領域外での処理-連合の商品に適用される通関手続き。これによれば、連合の関税領域外での処理操作の結果として、そのような商品は、受け取るために連合の税関領域から輸出されます。連合の関税領域へのその後の輸入を目的としたそれらの処理の製品は、連合のそのような商品に関する輸出関税の支払いなしで、この関税手続きの下に商品を置くための条件およびに従ってそれらの使用を条件としますそのような通関手続き。
  2. 税関域外で処理するための通関手続きの下に置かれ、実際に連邦直轄領から輸出された商品は、連邦直轄領の商品のステータスを失います。
  3. 税関の領域外で処理するために税関手続きを適用することが許可されています。
    1. 輸入関税の支払いに対するインセンティブ、これらの商品の使用および(または)処分の制限に関連する税金の適用を伴う国内消費のためのリリースのための関税手続きの下に以前に置かれた商品、またはそのような商品の一部に関して、そのような商品またはその部品が修理のために連合の税関地域から輸出され、税関地域外で処理するための税関手続きの下に置かれた時点で、外国商品のステータスを持っている場合。
    2. 連邦直轄領から輸出されたものに関連して:
      • このコードの第2条の第231項に従って、一時的な輸出のための通関手続きを完了するために一時的な輸出のための通関手続きの下に置かれた商品。
      • このコードの第3条のパラグラフ277の最初のパラグラフによって規定された場合の国際輸送の車両。
  4. この記事のパラグラフ2のサブパラグラフ3で指定された商品は、連邦直轄領に輸入されることなく、税関領域外で処理するための通関手続きの下に置かれます。
  5. 委員会は、税関地域外で処理するための通関手続きが適用されていない商品のリストを決定する権利を有します。 (203年11.12.2018月XNUMX日付けのユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)

第177条税関の領域外で処理するための税関手続きの下に商品を置くための条件およびそのような税関手続きに従ったそれらの使用

  1. 税関地域外で処理するための通関手続きの下に商品を配置するための条件は次のとおりです。
    1. 加盟国の認可された機関によって発行され、このコードの第181条で指定された情報を含む、連邦直轄領外の商品を処理するための条件に関する文書の入手可能性。 税関の領域外で処理するための通関手続きを適用する目的が商品の修理である場合、商品の申告はそのような文書として使用できます。
    2. このコードの第183条で定義されているように、加工製品を同等の外国製品と交換する場合を除き、税関の管轄外で処理するための税関手続きの下に置かれた連合製品の税関による識別の可能性、この規範の指定された条項に従って;
    3. 加盟国の法律に従い、輸出関税を支払う義務を履行するための担保を除いて、本規範の第9章に従って輸出関税を支払う義務を履行するための担保の提供提供されていません。
    4. この規範の第7条に従った禁止および制限の遵守。
  2. 税関の領域外で処理するための税関手続きに従った商品の使用条件は次のとおりです。
    1. 税関地域外で処理するための税関手続きの確立された有効期間の順守。
    2. 連邦直轄領外で処理するための通関手続きの下に置かれた商品を使用して、連邦直轄領外で処理操作を実行する場合は、このコードの第179条の規定を順守します。
    3. この章を適用する目的で、処理の製品における連合商品の税関当局による識別とは、このコードの第180条に指定された方法のいずれかによって、処理が連合の税関領域外で行われることを確立することを意味します。加工品を入手するために、税関の管轄外で加工するための通関手続きの下に置かれた商品にさらされました。

第178条税関の領域外で処理するための通関手続きの期間

  1. 税関外での処理のための通関手続きの有効期間は、連邦直轄領外での商品の処理条件に関する文書で定義されているように、連邦直轄領外での商品の処理期間に基づいて設定されます。連合。
  2. 連邦直轄領外での商品の処理期間が延長された場合、税関域外での処理のための通関手続きの確立された有効期間は、本人の要求に応じて延長されます。
  3. 加盟国の法律は、連邦直轄領外で商品を処理する期間を延長する場合、税関域外で処理するための通関手続きの確立された有効期間を、その後10営業日以内に延長することができると規定する場合があります。有効期限。 税関当局が定めた税関区域外で処理するための通関手続きの有効期間を延長する場合、その満了後、かかる通関手続きの有効性は、この通関手続きの終了日から再開されます。

第179条連邦直轄領外での処理業務

連邦直轄領外での処理業務には、次のものが含まれます。

  • 商品の処理または処理;
  • 組み立て、組み立て、分解、取り付けを含む商品の製造。
  • 修復、コンポーネントの交換、近代化を含む商品の修理。

記事180。 識別 それらの処理の製品の連合商品

それらの処理の製品で連合の商品を識別するために、以下の方法を使用することができます:

  • 申告者、連邦直轄領外で処理作業を行う人、または税関職員による印鑑、切手、デジタルおよびその他のマーキングの貼付 ユニオングッズ;
  • 連合の商品のスケールでの詳細な説明、写真、画像。
  • 事前に選択されたサンプルおよび(または)ユニオンの商品およびそれらの加工製品のサンプルの比較。
  • シリアル番号の形式を含む、既存の製品ラベルの使用。
  • 連邦直轄領外で行われる商品および処理作業の性質に基づいて適用できるその他の方法。これには、連邦直轄領外で処理作業を行う技術プロセスにおける連邦商品の使用に関する詳細情報を含む提出書類を調べることも含まれます。連邦直轄領、および加工製品の生産技術について。

第181条連邦直轄領外の商品の処理条件に関する文書

  1. 加盟国の認可機関によって発行された、連邦直轄領外の商品の処理条件に関する文書は、誰でも入手できます。 加盟国の顔このドキュメントが発行された地域。
  2. 連邦直轄領外で商品を処理するための条件に関する文書には、次の情報が含まれている必要があります。
    1. 文書を発行した加盟国の認可された機関。
    2. 文書が発行された人について;
    3. 連邦直轄領外で直接処理業務を行う人(人)について。
    4. 連合の商品およびそれらの加工の製品(名前、外国の経済活動の商品命名法に従ったコード、量および費用)。 税関規制に関する加盟国の法律は、外国経済活動の商品命名法の商品品目のレベルで、連合の商品およびその加工の製品のコードを示す可能性を規定する場合があります。
    5. 商品を所有、使用、および(または)処分する権利を確認する文書。
    6. 定量的および(または)パーセンテージでの加工製品の収量;
    7. 連邦直轄領外での処理作業とその実施方法について。
    8. 税関の領域外で処理するための税関手続きの下に置かれたユニオン商品の識別方法について、それらの処理の製品で;
    9. 連邦直轄領外で商品を処理する期間。
    10. このコードの第183条で定義されているように、加工製品を同等の外国製品と交換する場合、そのような交換が許可されている場合。
    11. 税関(税関)では、税関の領域外で処理し、この税関手続きを完了するために、商品を税関手続きの下に置くことになっています。
  3. 連邦直轄領外での商品の処理期間は2年を超えてはなりません。
  4. 連邦直轄領外で商品を処理する期間には、次のものが含まれます。
    1. 商品を処理する生産プロセスの期間。
    2. 連邦直轄領の税関地域への実際の輸入に必要な時間、および税関地域外で処理するための税関手続きの効果を完了する税関手続きの下でのそれらの配置。
  5. 連合の税関地域外で商品を処理する期間は、商品が税関地域外で処理するための税関手続きの下に置かれた日から計算され、複数のバッチで商品の税関申告の場合は、商品の最初のバッチは、税関の領域外で処理するための税関手続きの下に置かれます。
  6. 連邦直轄領外で商品を処理する期間は、本条の第3項で指定された期間内に延長することができます。
  7. 加盟国の法律は、連邦直轄領外で商品を処理するための条件に関する文書で指定される追加情報を確立する場合があります。
  8. 連邦直轄領外での商品の処理条件、その記入手順、発行手順、修正(追加)の導入、およびその撤回(キャンセル)に関する文書の形式(または)その更新は、加盟国の法律によって確立されます。 (7年14.01.2020月XNUMX日付けのロシア財務省第XNUMXn号の命令を参照)
  9. 物品の申告が連邦直轄領外の物品の加工条件に関する文書として使用される場合、連邦直轄領外の物品の加工条件に関する情報は、物品申告の申告者によって示されるものとします。

第182条。加工製品の生産量の割合

  1. 加工製品の歩留まりは、一定量の連邦直轄領外での加工作業の結果として形成された加工製品の量および(または)パーセンテージとして理解されます。
  2. 連邦直轄領外の加工作業が、確立された技術的要件に従ってその特性が実質的に一定のままであり、一定の品質の加工製品の受領につながる商品に関して行われる場合、加盟国は、加工製品の生産に関する標準基準を確立することができます。

第183条加工品の同等の外国製品への交換

  1. 税関当局の許可を得て、加工製品を外国製品に交換することが許可されています。外国製品の説明、品質、および技術的特性は、そのような加工製品と一致します(以下、この記事では同等 雑貨)、連邦直轄領外の処理作業が修理である場合、および連邦直轄領外の処理操作がパイプラインで輸送される商品に関連して実行される場合。
    部品、アセンブリ、ユニットの欠陥のある形での保証修理のために連合の関税領域から輸出する場合、以前に連合の関税領域に輸入され、国内消費のためにリリースするための税関手続きの下に置かれた商品の一部であったユニット、説明、品質、技術的特性が加工製品と一致する外国製品は、それらの保守性および(または)劣化の状態を考慮せずに同等の外国製品と見なされます。
  2. 加工製品を同等の外国製品と交換することが許可されている場合、これらの同等の外国製品を連邦直轄領に輸入してから、連邦直轄領から連邦直轄領に輸出することが許可されます。
  3. 加工製品を同等の外国製品に交換するための手順と条件は、税関規則に関する加盟国の法律によって確立されています。

第184条税関域外での処理のための通関手続きの完了と終了

  1. 税関域外での処理のための通関手続きの確立された有効期間が満了する前に、この通関手続きの効果は、処理された製品を国内消費のためのリリースのための通関手続きの下に置くことによって完了します。この条項の第XNUMX段落で規定されている場合を除き、通関手続きの再輸入の下で、無料(保証)修理のために連合の税関地域から輸出されたもの。
    税関の管轄外で処理するための通関手続きの効果は、そのような加工品が商品の加工品である場合、再輸入のための通関手続きの下に置くことによって完了することはできません。国内消費向けのリリースでは、欠陥(欠陥)の存在が考慮され、これらの商品の無償(保証)修理が発生しました。
  2. 税関地域外で処理するための税関手続きの確立された有効期間が満了する前に、この税関手続きを完了することができます。
    1. このパラグラフのサブパラグラフ2で指定された商品、または再輸入のための通関手続きを除いて、税関領域外で処理するための通関手続き、輸出のための通関手続きの下に置かれた商品を置くこと。
    2. このコードの第1条の第3項のサブパラグラフ176で指定された商品の、再輸出の通関手続きの下で、関税領域外で処理するための通関手続きの下に置かれること。
    3. 加工製品を、場合によっては、条件に応じて、委員会が決定した方法で輸出するための通関手続きの下に置きます。
  3. 加盟国の法律により、商品が税関地域外で処理するための通関手続きの下に置かれることが定められている場合、関税地域外で処理するための通関手続きのアクションは、商品を輸出のための通関手続きの下に置くことによって完了することはできません。 )それらの処理の製品は、この加盟国の領土への強制的な返還の対象となります。
  4. 加工された製品は、XNUMXつまたは複数のロットで通関手続きの下に置くことができます。
  5. 税関区域外で処理するための通関手続きの確立された有効期間が満了すると、この通関手続きの有効性は終了します。

第185条関税領域外で処理するための通関手続の下に置かれた(置かれた)連合物品に関する輸出関税を支払う義務の出現および終了、それらの支払いおよび計算の期間

  1. 税関の管轄外で処理するための通関手続きの下に置かれたユニオン商品に関して輸出関税を支払う義務は、税関当局が商品申告を登録した瞬間から申告者に生じます。
  2. 関税領域外で処理するための通関手続きの下に置かれた(置かれた)ユニオン商品に関する輸出関税を支払う義務は、以下の状況が発生した場合に申告者によって終了されます。
    1. 本条第184項第1項に規定された状況が発生した後を含め、本規範第4条に従って税関区域外で処理するための通関手続きの完了。
    2. 関税領域外での処理のための通関手続きが終了した商品の配置、および(または)その適用の枠組み内での連合の関税領域外での処理操作の結果として受け取った(形成された)商品このコードの第7条の第129項に従った通関手続きの下で終了した通関手続き。
    3. 輸出関税を支払う義務の履行、および(または)本条の第5項に従って計算され支払われる金額でのそれらの徴収。
    4. 税関の領域外で処理するための税関手続きに従って商品をリリースすることを拒否する-商品の申告を登録するときに発生した輸出関税を支払う義務に関連して;
    5. このコードの第113条に従った商品の申告の取り消し、および(または)このコードの第4条の第118項に従った商品のリリースのキャンセル-登録時に生じた輸出関税の支払い義務に関連して商品の申告;
    6. 加盟国の法律に従って、商品を没収または加盟国の所有権(収入)に変換すること。
    7. この規範の第51章に従った物品の税関当局による拘留。
    8. 犯罪報告の検証中、刑事事件または行政犯罪事件の手続き中(行政手続きの実施中)に押収または逮捕された商品の通関手続きのXNUMXつに基づく一時保管または配置のための配置、およびそれに関する決定そのような商品が以前にリリースされていなかった場合、それらを返品するように作られました。
  3. 関税領域外で処理するための通関手続きに基づいて配置されたユニオン商品に関する輸出関税を支払う義務は、本条の第4項で指定された状況が発生した場合に履行されることがあります。
  4. 以下の場合には、輸出関税の納付期限が考慮されます。
    1. この記事の第1項で指定された商品の紛失の場合、税関地域外での処理のための通関手続きが完了する前-そのような商品の紛失の日、およびこの日が設定されていない場合-税関の日当局は、そのような商品の紛失の事実を明らかにします。
    2. このコードの第184条に従って税関地域外で処理するための通関手続きが完了していない場合-税関地域外で処理するための通関手続きの満了日。
  5. 本条第4項に規定する事情が生じた場合、輸出関税は、税関域外で処理するための通関手続きに置かれた連合物品が、支払いの特権を適用せずに輸出のための通関手続きに置かれたかのように支払われるものとします。輸出関税の。
    輸出関税を計算するために、輸出関税率は、税関が税関地域外で処理するための通関手続きの下に商品を置くために提出された商品の申告の税関当局による登録日に有効に適用されます。
  6. 本条第5項に従って支払われた(徴収された)輸出関税の金額については、加盟国の法律によって定められている場合、これらの金額に関連して支払の延期が認められたかのように利息が支払われます。その領域の商品は、関税領域外の関税処理手順の下に置かれました。 指定された利息は、加盟国の法律によって確立された手順に従って計算され、支払われます。
  7. このコードで規定された通関手続きに基づく本商品コードの第7条の第129項に従って、関税領域外での処理または配置のための通関手続きが完了した場合、または税関当局による商品の留置の場合輸出関税の支払い義務の履行後、および(または)その徴収(全部または一部)後、本条に従って支払われたおよび(または)徴収された輸出関税の金額は、このコードの第51章で払い戻されるものとします。 (オフセット)このコードの第10章に準拠。

第186条国内消費のためにリリースするための通関手続きの下に置かれた場合の加工製品に関する輸入関税および税金の計算および支払いの詳細

  1. 加工製品が国内消費向けにリリースされる通関手続きの対象となる場合、輸入関税は、連邦直轄領外の加工作業のコストに基づいて計算されます。
  2. 連邦直轄領外での処理作業の費用は、実際に発生した以下の費用の合計として決定されます。
    1. 処理(修復)操作;
    2. 加工(修理)工程で使用される外国製品(加工(修理)作業の費用に含まれていない場合)。
  3. 加工製品の税関申告時に申告された連合の税関域外での加工作業の価値が文書化されていない場合、または提出された書類がそのような作業の費用に関する申告情報を確認しない場合、税関間の差額として決定されます。加工製品の価値および税関の領域外で加工するための通関手続きの下に置かれた商品の価値。
  4. 加工品に特定の輸入関税率が適用される場合、輸入関税額は、加工品の特定の税率で計算された輸入関税額と、外部の加工作業費の比率の積として決定されます。まるで加工された製品が国内消費のためにリリースするための通関手続きの下に置かれたかのように、製品加工の税関価値に対する連合の関税領域.
  5. 加工製品が国内消費のためにリリースするための通関手続きに置かれる場合 加工製品に関しては、その領土内の加盟国の法律に従って、加工製品が国内消費のためにリリースされるための通関手続きの下に置かれている場合に計算されます。
    連合の関税領域外での処理作業が連合の関税領域から輸出された商品の修理であった場合、物品税(物品税または物品税)は計算および支払われません。
  6. 加工製品が国内消費のためにリリースするための関税手続きに置かれる場合、輸入関税および税金は、本条の第1項に別段の定めがない限り、本条の第5項から第7項に従って計算された輸入関税および税金の金額で支払われます。この記事。
  7. 本法第1条第3項第176項に規定する外国製品に関連して、連合の関税領域外での加工作業の結果として得られた加工品を、国内消費のための税関手続の下に置く場合、輸入関税、本条第1条第5項に従い、これらの外国製品に関連して、輸入関税の支払期限が到来する場合を除き、本条第11項から第136項に従って計算された税金は支払われない。税金がかかります。
    本法第1条第3項第176項に規定する外国製品に関連して、連合の関税領域外での加工作業の結果として得られた加工製品に関する輸入関税および税金を支払う義務は、終了時に終了するものとします。輸入関税、これらの外国製品に対する税金を支払う義務の。

第187条連合の関税域外で加工作業を経ていない物品、および関税輸出手続下に置かれた場合の加工製品に関連する輸出関税の計算および支払いの特徴

  1. 加工作業を経ていない商品を連合の税関域外に置く場合、輸出の通関手続きの下で、輸出関税を計算するために、輸出関税の税率が税関当局による登録日に適用されます。税関の領域外で処理するための税関手続きの下に商品を置くために提出された商品の申告..。
    輸出関税を計算するために、外貨を加盟国の通貨に換算する必要がある場合、そのような換算は、本条項の最初の段落で指定された日に有効な為替レートで行われます。
  2. 連合の関税領域外で処理作業を経ていない商品に関して支払われた(徴収された)輸出関税の金額について、輸出の通関手続きの下に置かれた(置かれた)場合、支払の延期のように利息が支払われます。これらの金額に関連して付与されたのは、その地域の加盟国の法律によって商品が関税地域外で処理するための関税手続きの下に置かれた場合です。 指定された利息は、加盟国の法律によって確立された手順に従って計算され、支払われます。
  3. 本法第3条第2項第184項に従って定められた場合の輸出関税手続に基づく加工品に関する輸出関税および税金の計算および支払いの詳細は、かかる場合が定められた時点で委員会によって決定されます。 。