МЕНЮ

無料の倉庫通関手続き

第211条無料倉庫の通関手続きの内容と適用

  1. 税関手続き 無料倉庫-外国の商品および連合の商品に適用される通関手続き。このような商品は、関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税を支払うことなく、無料の倉庫に配置され、使用されます。この通関手続きの下に商品を置き、そのような通関手続きに従ってそれらを使用する。
  2. 無料倉庫では、無料倉庫の通関手続きで配置された商品を配置して使用することができます。 ユニオングッズ無料の倉庫の通関手続きの下に置かれていません、そして 雑貨他の通関手続きの下に置かれます。
  3. ユニオン商品は、申告者の選択により、無料の倉庫の通関手続きの下に置かれます。
    加盟国の法律は、その加盟国の領土に設立された無料倉庫に配置するために、無料倉庫の通関手続きの下で強制的な配置の対象となる連合の商品のカテゴリーを決定する場合があります。
  4. 無料の倉庫にあり、無料の倉庫の通関手続きの対象とならないユニオン商品に関しては、このコードの第1条の第213項に規定されている操作を含むすべての操作を実行できます。
  5. 無料倉庫の通関手続きに置かれた外国製品は外国商品のステータスを保持し、無料倉庫の通関手続きに置かれたユニオン商品はユニオン商品のステータスを保持します。
  6. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれたユニオン商品から製造(受領)された商品は、ユニオン商品のステータスを取得します。
    加盟国の法律により、無料倉庫の通関手続きに基づいていない無料倉庫へのユニオン商品の配置と使用が許可されている場合、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置されたユニオン商品から製造(受領)された商品通関手続きのない倉庫に置かれていないユニオン商品は、ユニオン商品のステータスを取得します。
  7. 無料倉庫の通関手続きで作られた外国製品から作られた(受け取った)商品、および無料倉庫の通関手続きの下で置かれた外国の商品から作られた(受け取った)商品とユニオン商品(以下、外国の商品から作られた(受け取った)商品)無料倉庫の通関手続きの下に置かれた)は、この条項のXNUMX番目の段落で指定された場合を除いて、外国製品のステータスを取得します。
    無料倉庫の通関手続きの下で置かれた外国の商品から製造(受領)された商品が連邦直轄領から輸出される場合、そのような商品のステータスは、このコードの第218条に従って決定されます。
  8. 無料倉庫内の商品が、作成前に無料倉庫の領域にあった商品、または無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品、または無料倉庫で製造(受領)された商品として税関当局によって識別できない場合、その後、連合の関税領域外の無料倉庫の領域からそれらを輸出する目的でそのような商品は、連合の商品と見なされ、他の目的のために-連合の関税領域に輸入された外国の商品と見なされます。
  9. 税関輸出手続きに従って以前に連合の税関地域から輸出された、本条の第8項で指定された商品を連合の税関地域に輸入する場合、再輸入の税関手続きはそのような商品には適用できません。
  10. 国内市場の保護措置の対象となる、無料倉庫の通関手続きの対象となる外国製品は、そのような商品を輸出するために、無料倉庫の通関手続きの対象となる外国製品から製造(受領)された商品で識別される必要があります。無料の倉庫の領土から連合の残りの税関の領土まで。
    無料倉庫の通関手続きの対象となる国内市場の保護措置の対象となる外国商品が、無料倉庫の通関手続きの対象となる外国製品から製造(受領)される商品の製造に使用される場合、ただし、そのような商品では識別できないため、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置されたそのような外国の商品から製造(受領)された商品は、連合の税関地域から輸出する必要があります。
  11. 無料倉庫の所有者は、この記事の第3項を考慮して、無料倉庫の通関手続きに従わずに、無料倉庫の領域にユニオン商品を配置および(または)使用することができます。
  12. 委員会は、無料倉庫の通関手続きが適用されない商品のリストおよび(または)商品のカテゴリーを決定する権利を有します。
    加盟国の法律に従って、その加盟国の領土に無料倉庫の通関手続きが適用されていない外国製品のリストおよび(または)外国製品のカテゴリーが決定される場合があります。
  13. 税関が無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品の構成に含まれている(含まれている)と識別できる部品、アセンブリ、アセンブリは、配置された商品として無料倉庫の領域から輸出する目的で考慮されます。無料倉庫の通関手続きの下で、このコードの規定に関連して適用されます。

第212条無料倉庫の通関手続きに商品を置くための条件およびそのような通関手続きに従った使用

  1. 無料倉庫の通関手続きの下で商品を配置するための条件は、このコードの第7条に従って外国の商品に関する禁止と制限を遵守することです。
  2. 無料倉庫の通関手続きの対象となる物品の申告者は、無料倉庫の所有者である場合があり、通関規則に関する加盟国の法律で規定されている場合は、他の人でもかまいません。
  3. 無料倉庫の通関手続きに従った商品の使用条件は次のとおりです。
    1. 本条の第5項および本規範の第5条の第213項を考慮に入れて、操業期間中に無料倉庫の領域にある無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品の配置および場所。
    2. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の使用、そのような通関手続きの下に置かれた申告者、またはこの章に従って決定された他の人による使用。
    3. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品に関する手数料、このコードの第213条に従った行動。
  4. 無料倉庫の機能が終了した場合、本条第3項に規定する無料倉庫の通関手続きに従った商品の使用条件は、この通関手続きが完了するか終了するまで遵守する必要があります。この規範の第3条の第215項。
  5. 加盟国の法律は、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品を、複数の無料倉庫の領域に配置および配置できる場合を確立する場合があります。その所有者は、無料倉庫の通関手続き、そのような商品およびそのような倉庫間の無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品から製造(受領)された商品の移動の事例、ならびにこれらの場合の通関業務の詳細および税関の詳細そのような商品に関連する管理。

第213条自由倉庫の通関手続に基づく物品、および自由倉庫の通関手続に基づく物品から製造(受領)された物品に関連して取られた措置

  1. 無料倉庫の通関手続きの対象となる商品、および無料倉庫の通関手続きの対象となる商品から製造(受領)された商品に関しては、無料倉庫の領域で次の操作が許可されます。
    1. ストレージ;
    2. 商品の積み下ろし作業および保管に関連するその他の貨物作業。
    3. 商品の安全を確保するために必要な作業、および輸送(輸送)および販売のための商品の準備のための通常の操作(バッチの分割、出荷の形成、仕分け、梱包、再梱包、ラベル付け、商業品質を向上させるための操作を含む)。
    4. 商品の処理(処理)、商品の製造(組み立て、分解、設置、取り付けを含む)、商品の修理または保守のための操作。これには、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品が参加または促進する過程が含まれます。生産(受領)商品は、そのような外国の商品が商品の製造(受領)の過程で完全にまたは部分的に消費(消費)された場合、および(または)の通関手続きに基づいて配置された商品から製造(受領)された商品に含まれていない場合でも無料の倉庫(以下、この章では、無料の倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の処理のための操作)。 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の処理のための操作を実行するときに商品の製造(受領)に参加または促進する外国の商品には、技術プロセスの補助手段である商品(たとえば、機器、機械)は含まれません、備品);
    5. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の処理のための操作、および無料の操作と機能に関連するその他の操作を実行するための機器、機械、アセンブリ、それらのスペアパーツの使用(操作)倉庫;
    6. 無料の倉庫の領域での工業用不動産および補助インフラストラクチャ(以下、この章では不動産)の建設のための商品の使用。
    7. この規範の第17条に従った商品のサンプリングおよび(または)サンプル。
    8. 無料の倉庫を作成する目的に従って、税関規制に関する加盟国の法律によって確立されたその他の業務。
  2. 商品の製造(受け取り)の過程での支出(消費)、生産プロセスの確保、無料倉庫の領域で使用される機器、機械、アセンブリの保守と運用、および不動産オブジェクトの建設については、このコードの第424条の第XNUMX項に従って、税関に提出された報告書に反映されることがあります。
  3. この記事のパラグラフ1に規定されている、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品に関連する業務のリストは、以下に基づいて無料倉庫を作成する際の通関規制に関する加盟国の法律に従って削減される場合があります。その作成の目的。
  4. この記事のパラグラフ1のサブパラグラフ3〜5および1に規定されている操作の実行は、無料の倉庫の所有者によってのみ許可されます。
    税関規則に関する加盟国の法律は、この段落で指定された操作を実行する資格のある他の人を決定する場合があります。
  5. 税関当局の許可を得て、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品、および(または)無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品から製造(受領)された商品を、以下の場合、無料倉庫の通関手続きを完了せずに無料倉庫。
    1. 設備またはその他の基本的な生産施設であり、無料の倉庫の所有者によって稼働および使用される特定の商品、または指定された基本的な生産施設の一部は、修理のために連邦直轄領の残りの地域に輸出されます(オーバーホール、近代化を除く)、メンテナンスまたはパフォーマンスそのような商品を通常の(作業)状態に維持するために必要なその他の操作。
    2. 指定された商品は、製造プロセスで提供されるものを含む技術的テスト、研究、テスト、検証、およびサンプルとしてのデモンストレーションのための操作を実行するために、連邦直轄領の残りの地域に輸出されます。
    3. これらの商品は、加盟国の残りの地域に輸出され、その地域では、無料倉庫の所有者が無料倉庫の所有者の登録に含まれ、の通関手続きの完了時に通関業務を実行します。税関規制コミットに関する国会議員の法律に従って認可された税関当局の無料倉庫の外にある無料倉庫 税関業務 そのような商品に関連して;
    4. 指定された商品は、このコードの第5条の第212項に従って加盟国の法律で規定されている場合、配置のために輸出され、別の無料倉庫の領域にとどまります。
  6. この記事のパラグラフ1のサブパラグラフ2および5で指定された商品は、そのような業務の目標および状況に基づいて、税関によって設定された期間が満了する前に、無料倉庫の領域に再輸入されることがあります。 税関によって定められた期間は、これらの商品の申告者からの合理的な要求に応じて延長される場合があります。
    本条第3項第5項に規定する物品については、税関当局が定める期間が満了する前に、無料倉庫の通関手続きを完了する必要があります。 税関によって定められた期間は、これらの商品の申告者からの合理的な要求に応じて延長される場合があります。
    この記事のパラグラフ4のサブパラグラフ5で指定された商品は、税関によって設定された期間が満了する前に、別の無料倉庫の領域に配置する必要があります。 税関によって定められた期間は、これらの商品の申告者からの合理的な要求に応じて延長される場合があります。
  7. 本条第5項に規定する許可証の税関当局による発行手続きは、税関規則に関する加盟国の法律に従って確立されるものとする。
  8. 無料倉庫の通関手続きの対象となる商品の全部または一部、および(または)無料倉庫の通関手続きの対象となる商品から製造(受領)された商品に関しては、これらの商品の所有権、使用、および(または)廃棄の権利。 この場合、無料倉庫の通関手続きは、本条第9項に従い、指定された商品を完了せずに譲渡することが許可されている場合を除き、このコードで定められた方法で完了する必要があります。無料倉庫の通関手続き。
  9. 無料倉庫の通関手続きを完了せずに、無料倉庫の通関手続きを行った商品、および(または)無料倉庫の通関手続きを行った商品から製造(受領)した商品を譲渡することができます。または)使用:
    1. 請負業者(下請け業者)または無料倉庫の領域で建設および(または)設置契約作業を行うその他の人。
    2. 彼らの輸送のために運送業者に;
    3. 修理(大規模な修理、近代化を除く)、保守、およびそのような商品を通常の(作業)状態に維持するために必要なその他の操作を実行する人。
    4. 製造工程で提供される、そのような商品の技術的試験、研究、試験、検証、およびサンプルとしてのデモンストレーションの操作を実行する人。
    5. この記事のパラグラフ1のサブパラグラフ2および5で規定されている場合に、無料倉庫の領域から輸出された商品に関連して操作を実行する人。
  10. 本条第9項に規定する者の所持および(または)使用への物品の譲渡は、無料倉庫の通関手続きに基づく物品の申告者が、以下に基づく物品の使用条件を遵守することを免除するものではありません。この章で規定されている無料倉庫の通関手続き。

記事214。 識別 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品から製造(受領)された商品

  1. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国商品を識別するために、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国商品から製造(受領)された商品では、次の方法を使用できます。
    1. 無料倉庫の所有者または税関職員が、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品に印鑑、切手、デジタルおよびその他のマーキングを貼付すること。
    2. 外国製品の詳細な説明、写真、縮尺画像。
    3. 事前に選択されたサンプルおよび(または)外国製品および外国製品から製造(受領)された製品のサンプルの比較。
    4. シリアル番号の形式を含む、既存の製品ラベルの使用。
    5. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の性質、および無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の処理のために実行される操作に基づいて適用できる他の方法(詳細を含む提出された文書を調べることを含む)無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品の使用、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の処理のための操作を実行する技術プロセス、およびそれらの生産技術に関する情報、または無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品を処理するための操作中に通関管理を行うことによって。
  2. 無料倉庫の通関手続きに基づく外国製品から製造(受領)された商品の中で、無料倉庫の通関手続きに基づく外国製品を識別する手順は、税関規則に関する加盟国の法律に従って確立されています。

第215条無料倉庫の通関手続きの完了と終了

  1. 無料倉庫の通関手続きは、次の場合に完了する必要があります。
    1. 無料倉庫の機能終了日から6ヶ月以内の無料倉庫の機能終了。
    2. 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品から製造(受領)された商品の、無料倉庫の領域からの輸出。ただし、そのような商品の輸出の場合を除きます。
      • この規範の第5条の第213項で指定された目的のため。
      • 加盟国の法律に従った他の方法での埋葬、中和、利用または破壊のために、そのような商品が消費者の財産を失い、意図された能力での使用に適さなくなった場合。
    3. 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品、および(または)無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品から製造(受領)された商品の所有、使用、および(または)処分の権利の宣言者による譲渡このコードの第10条のパラグラフ9で指定された場合の商品の譲渡を除いて、この記事のパラグラフ213に従った別の人。
  2. 無料倉庫の通関手続きが完了すると、商品の申告者は、無料倉庫の通関手続きの下に置かれたときに商品の申告者であった人である可能性があり、これがメンバーの法律によって規定されている場合税関規制に関する州、別の人。
  3. 無料倉庫の機能が終了すると、無料倉庫の通関手続きのアクションは、通関手続きの通関手続きを除いて、このコードで規定されている通関手続きの下に置かれることによって完了します。無料倉庫の通関手続きの下に置かれた、商品から作られた(受け取られた)商品、この記事の第4項と第5項を考慮して、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた、または通関なしで完成したこの記事の第7項および第9項に従った手順。
    この段落の第1項に従って無料倉庫の通関手続きが完了しない場合、この通関手続きの効力は、本条第1項の第51項に指定された期間の満了時に終了し、商品は拘留されます。このコードの第XNUMX章に従って税関当局によって。
  4. 連邦直轄領外の無料倉庫の領域から商品を輸出する場合、無料倉庫の通関手続きのアクションは、以下の前提で終了します。
    1. 再輸出の通関手続きの下で:
      • 無料倉庫の通関手続きの下に置かれ、自然の損耗による変化、および通常の輸送(輸送)条件下での自然損失による変化を除いて、変更されていない状態で無料倉庫の領域から輸出された外国製品)および(または)ストレージ;
      • 無料倉庫の通関手続きの下に置かれ、このコードの第218条に従ってユニオン商品として認識されない外国商品から製造(受領)された商品。
    2. 輸出の通関手続きの下で:
      • 無料倉庫の通関手続きの下に置かれたユニオン商品。
      • 連合の商品から作られた(受け取った)商品;
      • 無料倉庫の通関手続きの下に置かれ、このコードの第218条に従ってユニオン商品として認識された外国商品から製造(受領)された商品。
  5. 無料倉庫の領域から連邦直轄領の残りの税関領域への商品の輸出の場合、無料倉庫の通関手続きのアクションは、以下の前提で終了します。
    1. このコードの第1条の第4項のサブパラグラフ5、7、10、14、16、および2-127で指定された通関手続きの下で、無料倉庫の通関手続きの下に置かれ、無料倉庫の領域から輸出された外国製品自然の損耗による変化、通常の輸送(輸送)および(または)保管の条件下での自然な損失による変化、および税関に置かれた外国の商品から製造(受領)された商品を除いて、変更されていない状態。この記事の第6項を考慮した、無料の倉庫の手続き。
    2. 再輸入の通関手続きの下で:
      • 無料倉庫の通関手続きの下に置かれたユニオン商品。通常の輸送(輸送)および(または)保管条件下での自然な損耗による変化、および自然な損失による変化を除いて、変更されていません。
      • ユニオン商品の無料倉庫通関手続きの完了時に、無料倉庫通関手続きの下に置かれたユニオン商品のみから製造(受領)された商品。
  6. 無料倉庫の通関手続きの対象となる外国製品から製造(受領)された商品の構成に、国内市場の保護措置に該当する外国商品が含まれる場合、そのような商品は、無料倉庫の領域からその他の地域に輸出されます。連合の関税領域は、無料倉庫の関税手続きの下に置かれた外国製品のこれらの商品の識別を条件として、このコードの第1条のパラグラフ7のサブパラグラフ2および127で指定された関税手続きの下に置かれることがあります。
  7. 無料倉庫の通関手続きは、本条第9項に規定する場合、および以下の場合に通関手続きを行わずに完了します。
    1. 無料倉庫の通関手続きを行った商品、および無料倉庫の通関手続きを行った商品から製造(受領)された商品は、消費者の財産を失い、本来の用途に適さなくなって輸出されます。加盟国の法律に従って、他の方法での埋葬、中立化、利用または破壊のための無料倉庫の領域から。 この場合、無料倉庫の通関手続きのアクションは、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品の一部に関連して終了します。これは、埋められ、無害にされ、処分された商品の数に対応します。別の方法で破壊され、税関規制に関する加盟国の法律に従って決定された。
    2. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品は、通常の輸送(輸送)および(または)保管の条件下での自然損失の結果として、事故または不可抗力により破壊および(または)回復不能に失われるか、または回復不能に失われます。そのような破壊または取消不能の損失の事実は、税関規制に関する加盟国の法律に従って税関当局によって認識されます。
  8. 本条第7項に規定する場合の無料倉庫の通関手続きを完了するための手続きは、通関規則に関する加盟国の法律に従って確立されるものとする。
  9. 無料倉庫の機能が終了した場合、無料倉庫の通関手続きの対象となり、無料倉庫の所有者が使用する機器である、無料倉庫の通関手続きの影響、または無料倉庫の所有者が無料倉庫の領域に不動産オブジェクトを作成するために使用する商品で、そのような不動産オブジェクトの不可欠な部分であり、指定された商品を税関手続きに従わずに完成します。加盟国の法律。
    これらの商品は、無料倉庫の通関手続きが完了した日からユニオン商品のステータスを取得します。
  10. 申立人が、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品、および(または)無料倉庫の通関手続きに基づいて作成された(受け取った)商品の所有、使用、および(または)処分の権利を別の人に譲渡する場合人、無料倉庫の通関手続きのアクションは、この記事のパラグラフ1のサブパラグラフ5に従って終了します。
  11. 無料倉庫の所有者の清算時に無料倉庫の通関手続きが完了するのは、税関規則に関する加盟国の法律に従って行われます。

第216条無料倉庫の通関手続に基づいて置かれた(置かれた)外国製品に関連する輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務の出現と終了、それらの支払いの期限および計算

  1. 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置(配置)された外国製品に関して、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税を支払う義務は、税関が商品の申告を登録した瞬間から申告者から生じます。 、および商品の申告を行う前にリリースを宣言された商品に関して、商品の申告を行う前に商品のリリースの申請を提出した人の場合-税関が商品のリリースの申請を登録した瞬間から商品の申告の提出。
  2. 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置(配置)された外国製品に関して、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務は、以下の状況が発生した場合に申告者によって終了されます。
    1. 税関の下に置くことによる無料倉庫の通関手続きの完了を除いて、この記事のパラグラフ215で指定された状況の発生後を含む、このコードの第4条に従った無料倉庫の通関手続きの完了このコードの第2条のパラグラフ4のサブパラグラフ215のパラグラフXNUMXで指定された商品を輸出するための手順。
    2. このコードの第2条のパラグラフ4のサブパラグラフ215のパラグラフXNUMXで指定された商品連合の関税領域からの輸出。輸出の通関手続きの下に置かれます。
    3. 無料倉庫の通関手続きが終了した商品の配置、および(または)無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品から製造(受領)された商品の、そのような通関手続きの適用の枠組み内での配置、このコードの第7条の第129項に従った通関手続きの下で終了した。
    4. 輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税、および(または)本条の第5項に従って計算され支払われる金額でのそれらの徴収を支払う義務の履行。
    5. 破壊の事実の税関規制および(または)無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品の取消不能な損失に関する加盟国の法律に従った税関当局による承認、および(または)製造(受領)された商品事故または強制的な損害、または通常の輸送(輸送)および(または)保管の条件下での自然損失の結果としてのこれらの商品の回復不能な損失の事実のために、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた商品から。これらの外国製品に関連して、このコードに従ってこのような破壊または回復不能な損失が発生する前に、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税の支払い期限が到来した場合。
    6. 無料倉庫の通関手続きに従って商品をリリースすることを拒否する-商品の申告またはリリースの申請を登録するときに発生した輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗税を支払う義務に関連して商品の申告を行う前の商品。
    7. このコードの第113条に従った商品の申告の取り消し、および(または)このコードの第4条の第118項に従った商品のリリースのキャンセル-輸入関税、税金、特別を支払う義務に関連して、商品の申告の登録中に発生したアンチダンピング、相殺関税。
    8. 加盟国の法律に従って、商品を没収または加盟国の所有権(収入)に変換すること。
    9. この規範の第51章に従った物品の税関当局による拘留。
    10. 犯罪報告の検証中、刑事事件または行政犯罪事件の手続き中(行政手続きの実施中)に押収または逮捕された商品の通関手続きのXNUMXつに基づく一時保管または配置のための配置、およびそれに関する決定そのような商品が以前にリリースされていなかった場合、それらを返品するように作られました。
  3. 輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務は、本条の第4項に規定された状況が発生したときに履行されるものとします。
  4. 以下の場合、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の支払い期限は次のとおりです。
    1. 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品の無料倉庫の領域からの輸出の場合、および(または)無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品から製造(受領)された商品の完了前そのような商品の無料倉庫の通関手続き、またはこのコードの第5条の第213項で指定されている場合は、そのような商品が無料倉庫の領域から輸出できる場合を除き、税関当局の許可なしにこのコードの第2条の第1項のサブパラグラフ215で規定されている場合に、無料倉庫の通関手続きを完了する-無料倉庫の領域からの撤去の日、およびこの日が設定されていない場合は-日無料倉庫の領域からのそのような撤去の事実を明らかにすること。
    2. 無料倉庫の通関手続きに基づく外国製品、および(または)無料倉庫の通関手続きに基づく外国商品から製造(受領)された商品を、の通関手続きが完了する前に他の人に譲渡する場合このコードの第9条の第213項に規定されている場合にそのような商品を譲渡できる場合を除いて、そのような商品の無料倉庫-商品の譲渡の日、およびこの日が設定されていない場合-明らかにする日そのような譲渡の事実;
    3. 本法第6条第213項第1項に従って税関が定めた期間が満了する前に無料倉庫の領域に戻らなかった場合、このコードの第2条のパラグラフ5のサブパラグラフ213および6で指定された場合-このコードの第213条のパラグラフXNUMXのパラグラフXNUMXに従って税関当局によって確立された期間の満了日。
    4. 自由倉庫の領域から輸出された商品に関して、本法第6条第213項第3項に従って税関当局が定めた期間が満了する前に、自由倉庫の通関手続きが完了しなかった場合。このコードの第5条のパラグラフ213のサブパラグラフXNUMXで指定されたケース-この期間の満了日。
    5. 本法第6条第213項第4項に従って税関が定めた期間が満了する前に、別の無料倉庫の領域に配置されなかった場合、このコードの第5条の第213項のサブパラグラフ6で指定された場合-このコードの第213条の第XNUMX項の第XNUMXパラグラフに従って税関当局によって確立された期間の満了日。
    6. 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品、および(または)無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品から製造(受領)された商品の紛失の場合(破壊および(または)回復不能な損失を除く)事故または強制的な損害、または通常の輸送(輸送)および(または)保管の条件下での自然損失の結果としての回復不能な損失による-商品の損失の日、およびこの日が設定されていない場合-日そのような損失の事実を明らかにすること。
    7. 税関が、本法第2条第1項第215項第XNUMX項に規定する物品の埋葬、中和、利用またはその他の破壊の事実を確認する書類を、税関が定めた期間内に税関に提出しなかった場合。 -無料倉庫の領域外へのそのような商品の輸出の日。
    8. このコードの第5条のパラグラフ139のサブパラグラフ2のパラグラフ4で指定された商品に関連して輸出のための関税手続きのこのコードの第215条のパラグラフ5に従って終了した場合を除きます。特定の商品に関する輸出の通関手続きの終了。これは、その時点で、無料の倉庫の領域にあります。これは、第139条第XNUMX項で定められた期間の満了日の翌日です。このコードのXNUMX。
  5. この記事の第4項で指定された状況が、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品に関連して発生した場合、関税を輸入し、 、特別、アンチダンピング、相殺関税は、そのような外国製品が、輸入関税および税金の支払いに対する関税の優先権および利益を適用せずに、国内消費のために解放するための関税手続きの下に置かれたかのように支払われます。
    本条第4項に規定する状況が、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品から製造(受領)された商品に関連して発生した場合、およびそのような商品において、本コードの第214条に従い、通関手続きが特定されます。無料倉庫通関手続きの下に置かれ、製造(受領)された商品の製造に使用される外国製品に関連して、無料倉庫手続き、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗関税が支払われます。無料倉庫通関手続きの下に置かれた外国製品から、あたかもそのような外国商品が輸入関税と税金の支払いのための関税選好と利益を適用せずに国内消費のために解放するための通関手続きの下に置かれたかのように。
    この条項の第XNUMX段落と第XNUMX段落で指定されている場合、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税、輸入関税率、税金、特別、反ダンピング、対抗税の計算税関当局による登録日に、無料倉庫の通関手続きに基づいて商品を配置するために提出された商品の申告が適用され、商品に関連して、税関に配置された場合のリリースが適用されます。無料倉庫の手続きは、商品の申告の提出前に行われました-商品の申告の提出前の商品のリリースの申請の税関当局による登録の日に。
  6. 本条第4項に規定する事情が、自由倉庫の関税手続きに基づく外国製品から製造(受領)された商品に関連して発生した場合、および本法第214条に基づく当該商品において、税関に置かれた外国商品無料倉庫の手続き、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税は、無料倉庫の関税手続きの下に置かれた外国の商品から作られた(受け取った)そのような商品が解放のための関税手続きの下に置かれたかのように支払われます輸入関税と税金の支払いのための関税設定と利益の適用なしの国内消費のため。 この場合、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税は、この規範の第7章および第12章に従って計算されます。
    輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を計算するために、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の税率が適用され、輸入の支払い期限である日に有効になります。無料倉庫の関税手続きの下に置かれた外国製品から製造(受領)された商品に関連する、本条の第4項に従った関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税。 商品の関税額を決定し、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税を計算するために、外貨を加盟国の通貨に変換する必要がある場合、そのような変換この記事の第4項に従って、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税の期日である日に有効な為替レートで行われます。 税関が商品に関する正確な情報(性質、名前、数量、原産地、および(または)関税額)を持っていない場合、支払われるべき輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗関税を計算するための基礎税関の情報に基づいて決定され、商品の分類は、このコードの第3条の第20項を考慮して実行されます。
    外国経済活動の商品命名法に従った製品コードが、10文字未満のグループ化レベルで決定された場合:
    • 輸入関税の計算には、そのようなグループに含まれる商品に対応する、最も高い関税率が適用されます。
    • 税金の計算には、付加価値税の最高税率が適用され、そのようなグループに含まれる商品に対応する物品税(物品税または物品税)の最高税率が適用されます。関税の確立;
    • 特別、アンチダンピング、相殺関税の計算には、この条項の第4段落を考慮して、そのようなグループに含まれる商品に対応する特別、アンチダンピング、相殺関税の最高率が適用されます。 特別、アンチダンピング、相殺関税は、商品の原産地に基づいて計算され、本規範の第10章に従って確認され、(または)特定の関税を決定するために必要なその他の情報があります。 商品の出所および(または)特定の義務を決定するために必要なその他の情報が確認されない場合、特別なアンチダンピングの対抗義務は、の商品に対して確立された特別な反ダンピングの対抗義務の最高率に基づいて計算されます商品の分類が10文字のレベルで行われる場合は外国経済活動の商品命名法の同じコード、または外国経済活動の商品命名法に従った商品のコードが文字数がXNUMX未満のグループ化レベルで決定されます。
      後で商品に関する正確な情報を確立する場合、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税は、そのような正確な情報に基づいて計算され、過払いおよび(または)過剰に収集された輸入額の払い戻し(オフセット)が行われます。このコードの第10章と第11章、および第76条と第77条に従って、関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税、または未払い金額の徴収。
  7. この記事の第5項に従って支払われた(徴収された)輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の金額については、これらの金額に関連して支払の延期が認められたかのように、利息が支払われます。輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の支払い期限の満了日に、商品を通関手続きのない倉庫に置く日。 指定された利息は、この規範の第60条に従って計算され、支払われます。
  8. 無料倉庫の通関手続きが完了した場合、または本法第2条第4項第215項第7項に規定された物品連合の通関地域からの輸出の場合、外国製品に適用される本法第129条第51項に基づく物品の輸出または通関手続き、または支払義務の履行後の本法第10章に基づく税関当局による当該物品の留置関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税、および(または)それらの徴収(全部または一部)関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税の支払いおよび(または)に従って徴収された金額この記事では、このコードの第76章および第XNUMX条に従って、払い戻し(オフセット)の対象となります。

第217条輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、無料倉庫の通関手続きに置かれた商品、および通関に置かれた外国の商品から作られた(受け取った)商品の対抗税の計算と支払いの特徴別の通関手続きの下での無料倉庫の手続き

  1. 無料倉庫の通関手続きに基づいて配置され、無料倉庫の領域にある無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品の処理の操作を受けていない外国の商品を、国内消費のためのリリースの通関手続きに基づいて配置する場合輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税の計算、輸入関税率、税金、特別、反ダンピング、対抗税が適用され、申告の税関当局による登録日に有効になります無料の倉庫の通関手続きの下で商品を配置するために提出された商品の場合、および無料の通関手続きの下で商品が配置されたときに商品の申告の提出前に倉庫がリリースされた商品に関しては、この条項の第XNUMX項で指定されている場合を除き、商品の申告の提出前の、商品のリリースの申請の税関による登録の日。
    無料倉庫の通関手続きに置かれた機器の国内消費のための解放のための通関手続きに置かれるとき、この第1条の第213項に規定された操作を実行するために操作され、無料倉庫の所有者によって使用されます輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税を計算するためのコード、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税の税率が適用され、税関による登録日に有効になります国内消費のためのリリースのための税関手続きの下で機器を配置するために提出された商品の宣言の。
  2. このコードの第1条の第5項のサブパラグラフ7、10、14、2、および127で指定された通関手続きの下に置かれた場合、無料倉庫の通関手続きの下で置かれた外国の商品から作られた(受け取った)商品:
    1. このコードの第214条に従って実施される、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国商品の特定の商品の識別を条件として、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税は、関連して計算されます無料倉庫の通関手続きに基づいて配置され、商品の製造に使用され、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品から製造(受領)された外国製品。 同時に、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税の計算には、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗税の税率が適用されます。無料倉庫の通関手続きの下で商品を配置するために提出された商品の申告の税関当局による登録。および商品に関しては、無料倉庫の通関手続きの下で配置された場合、そのリリースは前に行われました。商品の申告の提出-商品の申告を提出する前に、商品のリリースの申請の税関当局による登録の日に;
    2. 税関当局による登録日に、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品から製造(受領)された商品に関する商品の申告がない場合、無料の通関手続きに基づいて配置された外国製品の識別このコードの第214条に従って実施される、無料倉庫の通関手続きに基づいて配置された外国製品から製造(受領)された商品の倉庫、輸入関税、税金は、配置された外国製品から製造(受領)された商品に関して計算されます。無料の倉庫の通関手続きの下で。 同時に、輸入関税および税の計算については、輸入関税および税の税率は、で指定された通関手続きに基づいて配置のために提出された商品の申告の税関当局による登録日に有効に適用されます。このコードの第1条のパラグラフ5のサブパラグラフ7、10、14、2および127。 この場合、従価税で輸入関税を計算するための基礎は、無料倉庫の通関手続き(委員会によって確立された手続き)の下に置かれた外国の商品から製造(受領)された商品の推定値です。
  3. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品から製造された(受け取った)商品を、このコードの第10条の第215項に従った通関手続きの下に置くことによって、無料倉庫の通関手続きが完了すると、輸入関税、税金無料倉庫の通関手続きの下で置かれた外国の商品から製造された(受け取った)商品に関連して計算されます。 同時に、輸入関税および税の計算については、輸入関税および税の税率は、指定された通関手続きの下で商品を配置するために提出された商品の申告の税関当局による登録日に有効に適用されます。このコードの第1条のパラグラフ5のサブパラグラフ7、10、14、2および127。
  4. この記事の第1項から第3項で指定されている場合に、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を計算するために、外貨を加盟国の通貨に変換する必要がある場合。換算は、それぞれの場合に設定された輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の適用日に有効な為替レートで行われます。

第218条無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品から製造(受領)された商品の状態の決定

  1. 無料倉庫の通関手続きの下で置かれた外国の商品から製造(受領)された商品が連邦直轄領から輸出される場合、そのような商品のステータスは、商品の十分な処理の基準に従って決定され、表現することができますに:
    1. 最初の4文字のいずれかのレベルで、外国経済活動の商品命名法に従って商品のコードを変更する。
    2. 使用される材料のコストまたは付加価値のパーセンテージが最終製品の価格の固定シェアに達したときの商品の価値の変化(従価税ルール)。
    3. 必要な条件の充足、連合の商品としての商品の認識に十分な生産および技術的操作の実行。
  2. 連合の関税領域からの輸出を目的として無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品から製造(受領)された商品は、製造(受領)のための操作の結果として、連合の商品として認識されます。商品の場合、次の条件のいずれかが満たされます。
    1. この記事のパラグラフ4で指定された場合を除いて、最初の3文字のいずれかのレベルで外国経済活動の商品命名法に従って商品コードに変更がありました。
    2. 無料倉庫の通関手続きに基づく外国製品の価値の割合が最終製品の価格の固定シェアを超えないか、または付加価値が最終製品の価格の固定シェアに達する場合を除きます。この記事のパラグラフ3で指定されたケース。
    3. 商品に関しては、条件が満たされ、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品から作られた(受け取った)商品を連合の商品として認識するのに十分な条件が満たされ、生産および技術的操作が行われた。この記事のパラグラフ3のパラグラフXNUMXで指定されたケースの場合。
  3. 無料倉庫の通関手続きの下で置かれた外国の商品から製造(受領)された商品は、十分な処理の基準を満たさない商品に関してそれらの操作のみが実行された場合、連合の商品として認識されません。他の条件の充足。
    外国経済活動の商品命名法に従って商品コードを最初の4桁のいずれかのレベルで変更すること、およびアドバロレムシェアルールは、下に置かれた外国商品から製造(受領)された商品の十分な処理の基準として適用されません。無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品から製造(受領)された商品に関連する場合、無料倉庫の通関手続き、から製造(受領)された商品の認識に十分な条件、生産および技術的操作のリスト無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品、連合の商品。
  4. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品から製造された(受け取った)商品、連合の商品の認識に十分な条件、生産および技術的操作のリスト、および操作のリスト、そのパフォーマンス無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品から製造(受領)された商品のステータスを決定する際の十分な処理の基準を満たしていない場合、委員会によって決定されます。
  5. 従価税規則を、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品から製造(受領)された商品の十分な処理の基準として使用する手順は、委員会によって決定されます。
    従価税の共有ルールは、無料倉庫の通関手続きの下に置かれたユニオン商品の修理作業を実行する際の十分な処理の基準として適用されません。
  6. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品から製造(受領)された商品のステータスは、認可された州の機関または加盟国の認可された組織によって決定されます。
  7. 無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国製品から製造(受領)された商品の状態を確認する文書として、認可された州の機関または加盟国の認可された組織は、から製造(受領)された商品の認識について意見を出します。通関手続きの下に置かれた外国の商品、無料の倉庫、連合の商品、または無料の倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品から製造された(受け取った)商品の連合の商品ではないという認識に関する結論。 これらの結論の形式、電子文書の形式でのそのような結論の構造と形式、それらに記入するための手順、ならびにそれらの発行と適用の手順は、委員会によって決定されます。
  8. 輸出のために無料倉庫の通関手続きが完了した時点で、無料倉庫の通関手続きの下に置かれた外国の商品から製造(受領)された商品の状態を確認する文書の不在、キャンセルまたは無効化連合の税関地域からは、連合の商品と見なされ、その他の目的では、外国の商品と見なされます。