МЕНЮ

通関手続きの通関手続き

第142条通関手続きの内容と適用

  1. 税関手続き 通関手続き-商品を配置するための条件に従って、関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払うことなく、出発の税関から目的地の税関に商品を輸送(輸送)する通関手続きこの通関手続きの下で。
  2. 通関手続きの通関手続きが適用されます。
    1. 他の通関手続きの対象とならない外国商品の連邦直轄領を通過する輸送(輸送)、および連邦の商品:
      • 委員会によって決定された場合には、税関の輸出手続きの下に置かれます。
      • XNUMXつの地域から輸送された無料の通関区域の通関手続きの下に置かれます FEZ この規範の第8条の第207項に規定されている場合、FEZの別の地域へ。
    2. 連邦直轄領の一部から連邦直轄領の別の部分への、連邦直轄領ではない国の領土を経由する輸送(輸送)、および(または)連邦直轄領の海上およびこのコードの第4条の第302項で指定されている外国製品。
  3. 通関手続きの通関手続きは、商品を輸送(輸送)するときに適用されます。
    1. 到着地の税関から出発地の税関へ。
    2. 到着地の税関から内陸の税関へ。
    3. 内部税関から出発地の税関へ。
    4. ある内部税関から別の内部税関へ。
    5. 連合のメンバーではない州の領土を通る税関当局と(または)海の間。
  4. 外国の商品通関の通関手続きの下に置かれると、外国製品のステータスが保持されます。
  5. ユニオングッズ通関手続きの通関手続きの下に置かれた場合は、本法第3条第307項で指定された場合、および本法第17条第304項に従って委員会が決定した場合を除き、連合商品のステータスを保持します。
  6. 連邦直轄領を通過する輸送(輸送)の場合、以下の外国製品は通関手続きの対象外となります。
    1. 国際輸送中に、これらの商品を荷降ろし(荷降ろし)せずに、連邦直轄領に中間的、強制的、または技術的に着陸した航空機に搭載された商品。
    2. 連邦直轄領に到着した後、連邦の税関国境を越えて商品の移動場所を離れず、連邦直轄領を離れた商品。
    3. 電力線に沿って輸送される商品。
    4. この規範で規定されている場合のその他の商品。
  7. 連邦直轄領を通過する輸送(輸送)の通関手続きの対象となる外国製品は、本規範および(または)通関規制に関する加盟国の法律で規定されている場合、通関の通関手続きの対象となります。
  8. 連邦直轄領の一部から連邦直轄領の別の部分に、加盟国ではない国の領土を経由して輸送された、このコードの第4条の第302項で指定された連邦商品および外国商品に関連して連邦直轄領、および(または)海上では、このコードの第43章で指定されている詳細を考慮して、通関手続きの通関手続きが適用されます。
  9. 個人使用の商品、国際郵便物、パイプライン輸送で輸送される商品に関しては、本規範の第263条、第287条、および第294条に規定されている詳細を考慮して通関手続きの通関手続きを適用するものとします。
  10. XNUMXつの加盟国のみの領域を介して輸送される商品に関連する通関手続きの適用の特徴は、通関規制に関するその加盟国の法律によって確立される場合があります。
  11. 一定期間に138つ以上の加盟国の領土を越えて輸送された、不完全または不完全な形態を含む、組み立てられていないまたは分解された形態で連合の税関国境を越えて輸送された商品に関連する通関手続きの適用の特徴国際輸送の07.11.2017つまたは複数の車両によって、委員会によって決定されます。 (XNUMX年XNUMX月XNUMX日付けのユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)
  12. 異なる(XNUMXつ以上の)輸送モードによって連邦直轄領を通過して輸送される物品に関連する通関手続きの適用の特殊性は、委員会によって決定されます。

第143条通関の通関手続きに商品を置くための条件

  1. 連邦直轄領を通過する輸送(輸送)のための通関輸送の通関手続きの下に商品を置くための条件は次のとおりです。
    1. 外国製品に関して、本規範の第146条に従って輸入関税および税金を支払う義務の履行を確保する。
    2. 委員会が外国商品に関連して決定した場合、本規範の第146条に従って、特別なアンチダンピング相殺関税を支払う義務の履行を確保する。
    3. この規範の第341条に規定されている方法で商品を特定する可能性を確保する。
    4. 商品が通関シールおよびシールが課されている車両の貨物スペース(コンパートメント)で輸送される場合、このコードの第364条で指定された要件への国際輸送用の車両のコンプライアンス。
    5. この規範の第7条に従った禁止および制限の遵守。
  2. 郵送される連合物品を含む連合物品、および本法第4条第302項に規定されている外国物品を、連合の関税領域の一部からへの輸送(輸送)のための通関手続きの下に置くための条件連合の加盟国ではない州の領土を通じた、および(または)海上での連合の関税領域の別の部分は、このコードの第304条から第306条によって定義されています。
  3. 通関手続きの通関手続きに基づいて配置された1つ以上の輸送モードを使用して連邦直轄領を介して輸送される商品の申告者は、本法第1条第83項のサブパラグラフXNUMXで指定された人物である場合があります。 加盟国の顔は、この加盟国の法律に従って、XNUMXつ以上の輸送モードを使用して輸送される商品に関連する権限を持ち、そのような商品の輸送の組織化を保証します。
  4. 商品が通関手続きの通関手続きの対象となる場合 出発税関 このコードの第144条に従って通関期間を設定し、このコードの第145、263、および304条に従って商品の配達場所を決定し、第341条に従って商品の識別、それらの文書を実行します。このコードの。
    水上または航空機による物品の輸送を除き、物品の輸送が、本規範の第364条またはその一部で指定された要件を満たす車両の貨物スペース(コンパートメント)で行われる場合、 識別、このコードの第341条に規定されている他の識別方法に加えて、このパラグラフのパラグラフXNUMXに規定されている場合を除き、車両またはその一部のそのような貨物スペース(コンパートメント)にシールを適用することによって確保する必要があります。
    車両またはその部品の貨物スペース(コンパートメント)にシールを貼付する必要はありません。生きている動物、郵便コンテナ(メールバッグ、郵便コンテナ)内の国際郵便物を輸送する場合、および州の領土を輸送する場合は必要ありません。連合のメンバーではなく、通関手続きの通関手続きの対象とならない車両と一緒に、通関手続きの通関手続きの対象となる車両またはその一部の貨物スペース(コンパートメント)内。

第144条通関期間

  1. 通関手続きの際、出国税関は、出国税関から仕向地税関に商品を配送しなければならない期間(以下、通関期間といいます)を設定します。
  2. 鉄道で輸送される商品については、通関期間は2か月あたり1キロメートルの割合で設定されますが、7暦日以上です。
    他の輸送手段で輸送(輸送)されている商品については、通常の輸送時間(輸送)に応じて、輸送方法や能力に応じて通関期間を設けています。車両、確立された商品の輸送ルート、その他の輸送条件、および(または)申告者または運送業者の声明、ならびに国際条約に従った車両の運転者の作業および休息体制の要件を考慮に入れる加盟国の第三者との取引ですが、通関の期限を超えてはなりません。
  3. 通関の期限は、2か月あたり1キロメートルの割合で決定された期間、または通関の通関手続きに基づいて配置された商品の輸送の詳細に基づいて委員会が決定した期間を超えることはできません。
  4. 申告者または運送業者からの合理的な要求に応じて税関当局によって確立された通関期間は、本条の第3項によって確立された期間内に延長することができます。
    通関期間の延長に伴う通関手続きは、委員会が決定します。 (170年13.12.2017月XNUMX日のユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)

第145条。商品の配達場所。 商品の配送場所の変更

  1. 通関手続きの際、通関手続きの際に出国する税関当局が、通関手続きの対象となる商品の配送場所(以下、商品の配送場所)を決定します。
  2. 商品の配送場所は、本条の第3項から第5項で別段の定めがない限り、輸送(出荷)文書で指定された目的地に関する情報に基づいて決定されます。
    商品の配送場所は、仕向地の税関当局の活動地域にある税関管理区域です。 この場合、到着地から輸送された商品は、本規範および(または)税関規制に関する加盟国の法律によって別途定められていない限り、税関当局の場所に配送されます。
    鉄道で輸送される商品の配達場所は、目的地駅の税関管理区域、目的地駅のアクセス道路、または目的地駅に直接隣接する非公共鉄道線路です。
  3. ある加盟国の領域内で商品を輸送(輸送)する場合、税関は、法律で定められている場合、輸送(輸送)文書に指定されている情報に関係なく、商品の配達場所を確立する権利を有します。税関規制に関するこの加盟国の
  4. XNUMXつ以上の加盟国の領土を越えて商品を輸送(輸送)する場合、税関は、輸送(出荷)文書に指定されている情報に関係なく、によって規定されている場合、商品の配達場所を決定する権利を有します。連合内の国際条約および(または)委員会によって決定されたその他の場合。
  5. 連合の税関地域のある部分から連合の税関領域の別の部分に、連合の加盟国ではない州の領域を介して、および(または)海上で商品を輸送(輸送)する場合、出発は、輸送(輸送)文書で指定された情報に関係なく、本コードの第8条の第9項および第304項で規定されている場合、および(または)委員会。
  6. 税関管理区域である第XNUMXまたは第XNUMXのタイプの証明書を保持している認定経済事業者の構造物、敷地(敷地の一部)および(または)オープンエリア(オープンエリアの一部)は、到着地から輸送された商品は、輸送(出荷)文書に従って、そのような商品がそのような構造物、敷地(敷地の一部)および(または)オープンエリア(オープンエリアの一部)に送られる場合認可された経済事業者。
  7. 通関手続きに基づく物品の輸送(輸送)中に、輸送分野の加盟国の法律により目的地が変更された場合、許可を得て物品の配送場所を変更することがあります。税関の。
    税関から配達場所の変更の許可を得るには 運搬人 は、そのルートに沿って配置された税関当局に、任意の形式で作成された商品の配達場所を変更するための申請書を提出する権利を有します。 商品の配送場所の変更申請書とともに、配送先の変更を確認する書類、通過申告書、その他の商品の書類を提出します。
    商品の配達場所を変更する許可は、本条項の第XNUMX項で指定された申請書および文書の受領日の翌日までに税関当局によって受け入れられます。 配達場所変更許可証の発行後、配達場所が変更された商品については、通関手続きの効力が終了し、通関手続きの対象となります。
    商品の配達場所を変更するために税関当局から許可を得ることに関連する税関業務を実行するための手順は、委員会によって決定されます。 (170年13.12.2017月XNUMX日のユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)
    税関が元々設置していた税関と同じ地域にある場合は、通関手続きを行わずに配達場所を変更することができます。 、税関規制に関する加盟国の法律で規定された方法で。

第146条関税輸送の関税手続中に関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務の履行を確保する

  1. 通関手続きの際に関税および税金を支払う義務を履行するための保証は、本条および本法第9条および第271条を考慮して、本法第287章に従って提供されるものとします。
    特別なアンチダンピング相殺関税を支払う義務を履行するための担保が、本法第2条第1項第143項に従って商品を通関手続きの対象とする条件である場合、かかる担保この条項の規定を考慮して、このコードの第75条に従って提供されます。
  2. 個人用商品および国際郵便を除く商品を配置する場合、通関手続きにおいて、関税および税金の納付義務を履行するための担保の額は、税関の金額に基づいて決定されます。加盟国で支払われるであろう関税、税金、 商品の発売通過申告の登録日に、輸入関税、税金、または給付金の支払いに対する関税設定および給付金を適用せずに、商品が国内消費のためのリリースのための通関手続きまたは輸出のための通関手続きの下に置かれた場合輸出関税の支払いについては、関税の額以上で、他の加盟国で支払われる税金。その領土を通じて、商品の運送(輸送)は、の関税手続きに従って行われます。通関手続きの場合 製品 これらの加盟国の領土に、国内消費のための解放のための関税手続きまたは輸出のための関税手続きの下で、輸入関税の支払いのための関税選好および利益、税金または輸出関税の支払いの免除を適用せずに配置されました、それぞれ。
    この条項の最初の段落で指定されている関税および税金の金額は、関税、税金、商品の価値、および(または)物理的条件(数量、重量、入手可能な情報に基づいて決定される可能性のある量またはその他の特性)、その使用手順は加盟国の法律によって確立されています。
  3. 委員会は、関税、税金を支払う義務を履行するための担保の額、および配置時に特別な反ダンピング、対抗義務を支払う義務を履行するための担保の額を決定する詳細を決定する権利を有します。不完全または不完全なフォームを含む、通関手続きフォームの下で、組み立てられていない状態または分解された状態で、連合の税関国境を越えて輸送される商品(商品のコンポーネント)。 (138年07.11.2017月XNUMX日付けのユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)
  4. 通関手続きの対象となる物品に関しては、以下の場合には、関税および税金を支払う義務の執行、および特別なアンチダンピング相殺関税を支払う義務の執行は提供されません。
    1. 関税および税金を支払う義務を履行するための担保の額、および特別なダンピング防止相殺関税を支払う義務を履行するための担保の額(かかる担保の提供が物品を置くための条件である場合)本法第2条第1項第143項に基づく通関手続きにおいて、通関申告の登録日に有効な為替レートで合計500ユーロに相当する金額を超えないこと。
    2. 申告者は、申告された商品の輸送(輸送)を行う通関業者、または第XNUMXまたは第XNUMXのタイプの認定経済事業者の登録簿に含まれている証明書を持っている認定経済事業者です。
    3. 商品は、鉄道、空輸、またはパイプラインで輸送されます。ただし、そのような輸送(輸送)がXNUMXつ以上の輸送モードを使用する商品の輸送(輸送)の一部である場合を除きます。
    4. 外国製品は、加盟国および(または)加盟国の内陸水路に入ることなく、加盟国および(または)加盟国の港の間で、混合(河川-海)航行の船舶を含む水上船舶によって輸送されます。そのような輸送がXNUMXつ以上の輸送モードを使用する商品の輸送の一部である場合の例外。
    5. 加盟国の法律によって制定され、物品が通関手続きの通関手続きの対象となる場合、物品の輸送(輸送)がこの加盟国の領土で行われる場合。
    6. このコードの第1条のパラグラフ1のサブパラグラフ304のパラグラフ1によって確立された場合、およびこのコードの第1条のパラグラフ304のサブパラグラフXNUMXのパラグラフXNUMXに従って委員会によって決定された場合。
    7. 連合内の国際条約および(または)加盟国と第三者との国際条約によって規定されている場合。
    8. 税関当局は、税関の護衛の使用について決定を下しました。
    9. 商品は、連合の税関地域にある外交使節団および領事館による公式使用を目的としており、特定の貨物ごとの出発税関は、税関が所在する加盟国の外務省からの情報を持っています。出発地があります。 指定された情報は、受領時に、出発の税関当局が所在する加盟国の外務省によって税関当局に送信されます。
      • 外交使節団の受入国である加盟国の外務省または商品の受領者である領事館から。
      • または、出発の税関が置かれ、外交使節団または領事館が商品の受領者である州の外交使節団または領事館である加盟国の領土にある外交使節団または領事館から。
    10. 商品は、国際機関の州の駐在員事務所、国際機関またはその駐在員事務所、連合の税関地域にある他の組織またはその駐在員事務所による公式使用を目的としています。出発の税関が置かれている加盟国の外務省から。 指定された情報は、国の代表のホスト国である加盟国の外務省からの受領時に、出発の税関当局が所在する加盟国の外務省によって税関に送信されます。国際機関、国際機関またはその代理人、他の組織または商品の受領者であるそれらの駐在員事務所へ。
    11. 商品は、初期設立用の商品、外交使節団の従業員、領事館の従業員、国際機関、国際機関またはその代理人、他の組織またはその代理人に対する州の代理人の職員(従業員、役人)を含む個人的な使用を目的としています。連合の税関地域およびその家族。特定の貨物ごとの出発税関には、出発税関が置かれている加盟国の外務省からの情報があります。 この情報は、外交使節団の受入国である加盟国の外務省からの受領に応じて、出発の税関が所在する加盟国の外務省によって税関に送信されます。領事館、国際機関、国際機関またはその代表への国家の使命、他の組織またはその代表、従業員、従業員、商品の受領者である人員(従業員、役人)、またはにある外交使節団または領事館から出発の税関当局が所在する加盟国の領土。これは、外交使節団または州の領事館、従業員、外交使節団の従業員、または領事館が商品の受領者です。
    12. 商品は、文化的、科学的研究、スポーツ競技会またはそれらの準備、自然災害、事故、大災害の結果の排除、加盟国の防衛能力と国家(国家)安全保障の確保、武装の再装備に使用することを目的としています国家の州境を保護する軍隊-加盟国、関係する加盟国の関連する州機関によって証明されるように、加盟国の州機関による使用、義務の履行のための安全を提供せずにそのような商品の解放を要求する関税および税金を支払う、および(または)委員会によって指定された加盟国の税関当局によって提出された、その領土での特別な、反ダンピング、対抗する義務を支払う義務の履行のための保証を提供しない 行き先の税関、委員会によって指定された加盟国の税関当局に対して、出発の税関当局が所在する地域。
    13. 道路で輸送される商品に関して、実施 税関申告 このコードの第114条で指定された詳細により、国内消費のためにリリースするための関税手続きの下に置く目的で、およびそのような商品に関して、関税が支払われました。 、特別、アンチダンピング、相殺関税、通関手続きの通関手続きに従った運送が、商品の申告が提出された加盟国の領土を介して、および配置された商品の申告者によってのみ実行される場合通関手続きの通関手続きの下で、国内消費のためのリリースのための通関手続きの下に置かれた商品の申告者は同じ人です。
  5. 通関手続きの対象となる物品に関して、関税および税金を支払う義務を履行するための一定額の担保、および特別な反ダンピングを支払う義務を履行するための一定額の担保、このような担保の提供が、本法第2条第1項第143項に従って通関手続きを行うための条件である場合、合計で、第147条に指定された文書に指定された金額を超える。通過申告の登録日に有効な為替レートで500ユーロに相当する金額を超えないこのコードの、関税、税金、および(または)を支払う義務を履行するための追加のセキュリティの提供特別な反ダンピング、対抗義務を支払う義務を履行するためのセキュリティは必要ありません。
  6. 関税と税金を支払う義務を履行するためのセキュリティは、XNUMXつの通過申告の下で輸送される商品に関して提供されます。 関税および税金を支払う義務を履行するための一般的なセキュリティは、いくつかの輸送申告に基づいて輸送される商品に関連して提供される場合があります。
  7. XNUMX回の通過申告で輸送される物品に関連する関税および税金を支払う義務を履行するための保証は、出発の税関当局または目的地の税関当局に提供される場合があります。
    関税および税金を支払う義務を履行するための一般的なセキュリティは、出発の税関当局、目的地の税関当局、または加盟国の他の税関当局に提供される場合があります。仕向地の税関当局は、税関規制に関するそのような加盟国の法律によって特定および決定されます。
  8. ある加盟国の税関当局が通関手続きを行う場合の関税・税金の納付義務を履行するための一般保障の適用の特徴と一般安全関税および税金を支払う義務の履行については、他の加盟国の税関当局に提供され、連合内の国際条約によって決定されます。
    加盟国の税関当局、の税関当局が通関手続きに基づく物品の配置を行う場合の関税および税金の支払い義務を履行するための一般的なセキュリティの適用の特徴関税と税金を支払う義務を履行するための一般的なセキュリティが提供されているものは、この州の法律によって確立されています-メンバー。

第147条関税輸送中の関税および税金の納付義務を履行するための担保の提供の確認の特徴

  1. 通関の通関手続きに基づく物品の配置が、ある加盟国の税関当局によって行われる場合、関税および税金を支払う義務を履行するための保証が、別の加盟国の税関当局に提供されます。仕向地の税関当局が所在する税関の規定を確認するために、通関義務と納税義務の履行を保証する証明書(以下、セキュリティ証明書)を適用します。
    通関の通関手続きに基づく物品の配置が、関税および税金を支払う義務を履行するための保証が税関に提供されている加盟国の税関によって行われる場合、それは関税および税金を支払う義務を履行するための証券の受諾を確認する証券証明書またはその他の文書の使用が許可されており、その使用の形式および手順は、この加盟国の法律によって確立されています。
  2. セキュリティ証明書は、電子文書の形式で発行されます。
    個人使用の物品に関連する関税および税金を支払う義務の履行を確保する場合、および税関当局が提供する機会がない場合は、紙の文書の形式でセキュリティ証明書を発行することが許可されています技術的な故障、通信設備(通信ネットワークおよびインターネット)の運用の中断、停電によって税関が使用する情報システムの誤動作による電子文書形式のセキュリティ証明書。
  3. 保安証明書は、関税および税金の納付義務の履行のために提供された担保の金額の範囲内で、関税および税金の納付義務の履行のために保安を提供した者によって決定された金額に対して作成されます。 このコードの第8条の第146項に規定されている連合内の国際条約は、関税と税金を支払う義務を履行するための一般的な安全性を備えたセキュリティ証明書(セキュリティ証明書)の場合と条件を決定することができます。関税および税金を支払う義務の提供されたセキュリティ履行の金額を超える金額で作成(発行)されます。
  4. XNUMX回の輸送申告で輸送される物品に関連する関税および税金を支払う義務を履行するための保安の提供は、XNUMXつまたは複数の保安証明書によって確認されます。
    関税および税金の支払い義務を履行するための一般的なセキュリティの場合、XNUMXつのセキュリティ証明書で、複数の通過申告に基づいて輸送される商品に関連する関税および税金の支払い義務のセキュリティを確認できます。
  5. セキュリティ証明書の形式、電子文書形式のセキュリティ証明書の構造と形式、セキュリティ証明書の記入と修正(追加)の手順、有効期間の決定手順、税関への提出、登録、登録の拒否、登録の取り消し、有効性の終了(取り消し)の手順を含むセキュリティ証明書の使用手順、および登録の拒否、登録のキャンセル、キャンセルの理由セキュリティ証明書の有効性(キャンセル)は委員会によって決定されます。 (199年19.11.2019月01.12.2021日付けのユーラシア経済委員会第3号の決定を参照-14.01.2020年01.12.2021月XNUMX日に発効)(XNUMX年XNUMX月XNUMX日付けのユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照-が来るXNUMX年XNUMX月XNUMX日に発効)
  6. 出発の税関当局の場合、関税と税金を支払う義務を履行するためのセキュリティの提供の確認は次のとおりです。
    1. 電子文書の形式で発行され、税関によって登録され、税関の情報システムを使用して出発の税関によって受け取られるセキュリティ証明書。
    2. 紙の文書の形で作成され、税関によって登録されたセキュリティ証明書、およびそのようなセキュリティ証明書に関する情報、および税関の情報システムを使用して出発の税関によって受け取られたそのようなセキュリティ証明書からの情報。
  7. このコードの第8条のパラグラフ146に規定されている連合内の国際条約は、関税と税金を支払う義務を履行するための一般的な安全の提供を確認することの詳細を決定することができます。
  8. 税関は、次の場合に、関税および税金を支払う義務を履行するためのセキュリティの提供の確認として、セキュリティ証明書を認識しません。セキュリティ証明書については、トランジット宣言で宣言されます。
    1. トランジット宣言の提出時にセキュリティ証明書の有効期限が切れている。
    2. 電子文書の形で発行されたセキュリティ証明書で指定された情報、または紙の文書の形式で発行されたセキュリティ証明書に関する情報、および(または)税関の情報システムに含まれるそのようなセキュリティ証明書からトランジット宣言で指定された情報に対応していません;
    3. 税関は、紙に文書の形で作成されたセキュリティ証明書を適用する際に、この記事のパラグラフ6に従って、セキュリティ証明書に関する情報および(または)そこからの情報を受け取りませんでした。
  9. 税関 このコードの第368条に従い、電子文書の形式で発行された担保証明書、紙の文書の形式で発行された登録済み担保証明書に関する情報、およびそれらからの情報、ならびに担保証明書に関する情報を交換します。有効性が終了したもの(取り消された証明書担保について)、担保証明書の不使用、担保証明書の登録の取り消し、担保証明書の終了(償還)の可能性。

第148条貨物の荷降ろし、積み替え(積み替え)およびその他の貨物操作、ならびに連合の関税領域を通過する税関の通関手続きに従った物品の輸送(輸送)中の車両の交換。

  1. あるタイプの輸送車両から別のタイプの輸送車両への荷降ろし、再荷積み(輸送)、および連合の関税領域を通過する税関の通関手続きに従って輸送された商品を使用したその他の貨物操作。また、この記事の第2項で指定されている場合を除き、そのような商品を運ぶ車両の交換は、そのような操作が行われる活動の地域で税関当局の許可を得て許可されます。
  2. 物品および車両に関して本条第1項に規定された操作が、課された税関の印鑑および印鑑を取り外さずに実行できる場合、または税関の印鑑および印鑑が物品に課されていない場合、そのような操作は、そのような業務が行われる活動の地域において、電子的または書面による税関当局。
  3. 連合の関税地域を通過する通関手続きに従って輸送された物品の荷降ろし、積み替え(積み替え)およびその他の貨物業務について税関当局から許可を得ることに関連する通関業務を実行するための手続き、および交換のための手続きそのような商品を輸送する車両、またはそのような業務の委託について税関当局に通知された車両は、委員会によって決定されます。 (170年13.12.2017月XNUMX日のユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)
  4. 税関当局は、連合の税関地域を通過する通関手続きに従って輸送された貨物の輸送(出荷)が禁止されている場合、そのような貨物の輸送許可の発行を拒否する権利を有します。文書、制限の遵守を確認する文書、または政府機関によって発行されたその他の文書。
  5. 税関当局の許可を得た者の要請により、税関の税関管轄区域を通過する税関手続きに従って輸送された物品の貨物操作は、税関当局の営業時間外に行うことができます。

第149条通関の通関手続に従い、物品の運送(輸送)中に事故、不可抗力その他の事情が生じた場合の措置

  1. 運送業者が本法第150条に規定された義務を遵守できない事故、強制的な威嚇、またはその他の状況が発生した場合、運送業者は商品および車両の安全を確保するためのあらゆる措置を講じる義務があります。これらの状況と商品の場所に関する税関当局、および商品の輸送、または最寄りの税関当局または税関当局が指定する別の場所への輸送(輸送)(車両が損傷している場合)の確認。
    これらの状況についてのメッセージを受け取った税関当局は、税関の通関手続きに従って商品の輸送(輸送)を妨げる状況が発生した場合、出発の税関当局および目的地の税関当局に通知する義務があります。トランジット。
  2. 通関手続きの通関手続きに従い、商品の運送(輸送)中に発生した事故、不可抗力等の通関手続きは、委員会が決定します。 (170年13.12.2017月XNUMX日のユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)
  3. この記事のパラグラフ1の要件への準拠に関連して運送業者が負担した費用は、税関当局によって払い戻されません。

第150条通関の通関手続きに従った物品の運送(輸送)中の運送人の義務

  1. 通関手続きに従って商品を輸送(輸送)する場合、本条第2項に規定する場合を除き、運送業者は、かかる通関手続きの対象となる商品の申告者であるかどうかにかかわらず、義務を負います。 :
    1. 税関が定めた期間内に、商品の特定の輸送経路(輸送)に従って、商品の配達場所に商品と書類を配達する。
    2. 商品、税関の印鑑、印鑑、またはその他の識別手段が使用された場合は、それらの安全性を確保する。
    3. 税関当局の許可なしに、通関手続きに従って輸送(輸送)された商品を使用した他の貨物操作の荷降ろし、積み替え(積み替え)および実行、ならびにそのような商品を運ぶ車両の交換を防止します。このコードの第2条第148項に規定されている場合。
  2. 物品の輸送(輸送)が1種類以上の輸送を使用して行われる場合、本条第XNUMX項に規定された義務は、通関手続きの対象となる物品の申告者に課せられます。
  3. 通関手続きの通関手続きに基づいて鉄道で輸送された商品が、出発の税関当局によって決定された商品の配達場所に配達されない場合、これらの商品を受け入れた加盟国の各鉄道会社は、輸送機関は、税関当局の要請に応じて、これらの未配達品に関する情報を提供する義務があります。 対応する要求と情報は、書面と情報システムおよび情報技術の使用の両方で送信できます。

第151条通関の通関手続きの完了と終了

  1. 税関通過の通関手続きのアクションは、出発の税関当局によって決定された商品の配達場所への商品の配達後に終了します。
  2. 商品の配送場所では、通関の通関手続きが完了する前に、商品は、配送された車両から商品を降ろさずに、税関管理ゾーンに配置されます。
    商品は一日中いつでも税関管理区域に置かれます。
  3. 通関輸送の通関手続きを完了するには、運送業者、または通関規制に関する加盟国の法律で規定されている場合は、 宣言者 通関手続きの対象となる商品は、目的地の税関当局に通関申告書と、彼が利用できるその他の書類を提出する必要があります。
    1. 道路で輸送される商品については、商品の配達場所に到着した瞬間から3時間以内、税関の勤務時間外に商品が到着した場合は、その瞬間から3時間以内この税関当局の作業の開始。
    2. 水上、航空、または鉄道輸送を使用して輸送される商品に関連して-国際輸送中の港、空港、または鉄道駅の技術プロセス(スケジュール)によって確立された期間、または税関規制に関する加盟国の法律によって確立されたその他の期間。
  4. 税関規則に関する加盟国の法律に従って許可されている場合、運送業者に代わって、本条の第3項に規定されている措置は、かかる運送業者に代わって行動する者が行うことができます。
  5. 税関当局の要請により、運送業者は商品を提示する義務があります。
  6. 仕向地の税関当局は、本条第1項に規定された書類の提出日から3時間以内に、税関規則に関する加盟国の法律で規定された方法で提出物を登録します。
  7. 仕向地の税関当局は、税関通過の通関手続きをできるだけ早く完了しますが、この記事の第4項で指定された書類の提出の登録の瞬間から、税関当局の労働時間の3時間以内に完了します。そして、そのような書類の提出が税関の労働時間の終了前の4時間以内に登録された場合-この税関の労働時間の開始の瞬間から4時間以内。
  8. 税関が税関検査を行うことを決定した場合、税関の通関手続きの完了期限は、目的地の税関当局の長(長)、彼の許可された副長(副長)の書面による許可を得て通過します。仕向地の税関当局またはそれらを交換する者は、税関検査に必要な期間延長することができますが、この記事の第10項で指定された書類の提出の登録日の翌日から3営業日以内です。加盟国の法律が商品の輸送(輸送)を行う輸送の種類に応じてより短い期間を定めない限り。
  9. 税関の通関手続きの完了は、税関の情報システムを使用して、電子文書を生成するか、通過申告書または通過申告書として使用されるその他の文書に適切なマークを付けることによって形式化されます。
  10. 商品の運送(輸送)が行われる輸送の種類に応じて、通関手続きの完了に関連する通関業務を実行する手順は、委員会によって決定されます。 (170年13.12.2017月XNUMX日のユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)
  11. 税関規則に関する加盟国の法律は、通関手続きのアクションが一時保管のための商品の配置、税関申告の登録、商品のリリース、税関地域からの商品の出発で終了する場合を決定する場合があります。連合、およびこのコードの第51章に従った税関当局による物品の拘留。
    商品の輸送(輸送)が行われる輸送の種類に応じて、通関手続きの完了に関連する通関手続きを実行するための手順は、これらの場合、加盟国の法律によって確立されます税関規制について。
  12. 本法第7条第145項に規定する場合、および商品が仕向地の税関以外の税関に配達される場合、通関手続きは本条に定める方法で終了します。
  13. 商品が商品の配達場所に完全にまたは部分的に配達されておらず、本条の第12項に規定されている場合に通関手続きが完了していない場合、通関手続きの通関手続きは終了するものとします。
    通関手続きの終了に伴う通関手続き、通関手続きが終了する期間、通関手続き終了の登録手続き委員会によって決定されます。 (170年13.12.2017月XNUMX日のユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)
  14. 440番目またはXNUMX番目のタイプの証明書を保持している認定経済事業者の構造物、敷地(敷地の一部)および(または)オープンエリア(オープンエリアの一部)に作成された税関管理ゾーンに商品が配達される場合、通関手続きは、このコードの第XNUMX条で確立された機能で終了します。

記事152。 税関業務商品の配送場所への商品の配送後

  1. 税関規則に関する加盟国の法律で別段の定めがない限り、本法第3条第151項に規定された書類の提出先の税関当局による登録後、第1項第3項から第1項に規定された者このコードの第83条は、一時保管のための商品の配置または税関申告に関連する通関業務を実行する義務があります。
    1. 道路で輸送される商品に関しては、遅くとも8、目的の税関当局による書類提出の登録後の税関当局の労働時間。
    2. 船舶、航空機、または鉄道輸送を使用して輸送される商品に関連して-国際輸送中の港、空港、または鉄道駅の技術プロセス(スケジュール)によって確立された期間、または税関規制に関する加盟国の法律によって確立されたその他の期間。
  2. 船舶を使用して輸送される物品については、一時保管のための物品の配置に関連する通関業務は、本法第1条第4項第1項および第83項第XNUMX項に指定された者が行う必要があります。
  3. このコードの第1条の第3項のサブパラグラフ1〜83で指定された人が、この記事の第1項の第16項で規定されている通関業務を行わない場合、運送業者は、書類の提出先の税関当局による登録日から1営業日以内に、このコードの第XNUMX章に従って一時保管するための商品の配置。
    税関規則に関する加盟国の法律は、本税関業務法第1条第3項第1項から第83項に規定された者による不履行について運送業者に通知するための条件および(または)手順を確立する場合があります。一時保管または税関申告のための商品の配置。 (57年16.04.2019月XNUMX日付けのロシア財務省第XNUMXn号の命令を参照)
  4. 商品に関して事前の税関申告が行われた場合、本条の第1項から第3項の規定は適用されないものとします。
  5. 本条第1項に従い、物品の税関申告に関連する税関業務を行う場合、本法第1条第3項第1項から第83項に規定する者は、受領日から16時間以内に、このコードの第3章に従って一時保管するための商品:
    1. このコードの第113条に従って税関申告を取り消す税関当局の許可。
    2. このコードの第124条に従って商品のリリース期間を一時停止する税関当局の決定。
    3. この規範の第125条に従って商品をリリースすることを拒否する。
  6. 本条により定められた通関業務が本条第1項および第5項に規定された期間内に行われなかった物品は、本規範の第51章に従って税関当局によって拘留されるものとする。
  7. この記事の規定は適用されません:
    1. 連邦直轄領に到着した連合の物品および本法第4条第302項に規定された外国の物品に関しては、州の領土を通過する輸送(輸送)のための通関手続きの通関手続きの下に置かれます。連合のメンバーではありません。
    2. 国際郵便物に関連して;
    3. 連邦直轄領から輸出された商品の出発地での通関手続きの完了時。
    4. 税関管理区域に配達され、証明書を保持している認可された経済事業者の構造物、敷地(敷地の一部)および(または)オープンエリア(オープンエリアの一部)に作成された商品に関する通関手続きの完了時XNUMX番目またはXNUMX番目のタイプの。

第153条税関通過の通関手続に基づいて配置(配置)された外国製品に関して、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税を支払う義務の出現および終了。連合の関税地域、彼らの支払いと計算の締め切り

  1. 通関手続きの対象となる外国製品に関連して、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務が発生します。
    1. 申告者から-税関による通過申告の登録の瞬間から。
    2. いずれかの加盟国の領土内で、鉄道輸送およびその行為の分野における国際条約によって規定された方法で、鉄道による輸送のために通関手続きの通関手続きの下に置かれた商品を受け入れた加盟国の鉄道運送業者から独立国連邦の加盟国の鉄道輸送に関する評議会(加盟国の鉄道運送業者間で商品の輸送が行われる場合、または輸送の分野で加盟国の法律によって規定された方法で行われる場合)商品の転送は、商品が所定の方法で輸送のために受け入れられた瞬間から、XNUMXつの加盟国の鉄道会社間で実行されます。
  2. 個人使用の商品や国際郵便が通関手続きの対象となる場合、特別なアンチダンピング相殺関税を支払う義務は発生しません。
  3. 通関手続きに基づいて配置(配置)された外国製品に関連する輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税を支払う義務は、申告者およびメンバーの鉄道運送業者によって終了されます。以下の状況の場合に、出発の税関当局によって決定された、商品の配達場所への商品の輸送(輸送)を実行する、この記事のパラグラフ2のサブパラグラフ1で指定された状態:
    1. このパラグラフのサブパラグラフ151で指定された場合を除いて、このコードの第2条に従って通関手続きの通関手続きを完了すること。
    2. この規範の第440条に従って、認可された経済事業者による商品の受け入れ。
    3. 通関手続きの効力が終了した物品の、本法第6条第129項に基づく一時保管のための配置。
    4. このコードの第7条の第129項に従った通関手続きに基づいて通関手続きの通関手続きが終了した商品の配置。
    5. 輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税、および(または)本条の第6項に従って計算され支払われる金額でのそれらの徴収を支払う義務の履行。
    6. 破壊の事実および(または)事故または強制的な威嚇による外国製品の取消不能な損失の税関規制に関する加盟国の法律に従った税関当局による承認、またはこれらの商品の取消不能な損失の事実として通常の輸送(輸送)および(または)保管の条件下での自然損失の結果。ただし、これらの外国製品に関して本法に基づくそのような破壊または回復不能な損失の前に、輸入の支払い期限があった場合を除きます。関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税が発生しました。
    7. 通関申告の登録中に発生した輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務に関連して、通関手続きの通関手続きに従って商品をリリースすることを拒否する。
    8. このコードの第113条に従った通過申告の取り消し、および(または)このコードの第4条のパラグラフ118に従った商品のリリースのキャンセル-輸入関税、税金、特別、通過申告の登録中に発生したアンチダンピング、相殺関税;
    9. 加盟国の法律に従って、商品を没収または加盟国の所有権(収入)に変換すること。
    10. この規範の第51章に従った物品の税関当局による拘留。
    11. 犯罪報告の検証中、刑事事件または行政犯罪事件の手続き中(行政手続きの実施中)に押収または逮捕された商品の通関手続きのXNUMXつに基づく一時保管または配置のための配置、およびそれに関する決定そのような商品が以前にリリースされていなかった場合、それらを返品するように作られました。
  4. 通関の通関手続きに基づいて配置(配置)された外国製品に関して、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗税を支払う義務は、下に配置された商品を転送した加盟国の鉄道会社によって終了されます。輸送によって輸送される通関手続き、鉄道輸送の分野における国際条約によって確立された方法での別の加盟国の鉄道運送業者、および独立国連邦の加盟国の鉄道輸送に関する評議会の行為、または確立された手順に従って商品を輸送する場合、輸送の分野で加盟国の法律によって確立された方法での自国の加盟国の鉄道運送業者。
  5. 税関当局および通関手続きにより定められた通関期間内に商品が配達場所に配達されない場合、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗関税を支払う義務が執行の対象となります。このコードの第12条の第151項に規定されている場合には完了していません。
    このような事態が発生した場合、通関手続きの対象となる日は、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の支払い期限とみなされます。
  6. 本条第5項に規定する事情が生じた場合、輸入関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税は、通関手続きの対象となる外国製品が、輸入関税、税金の支払い、および個人使用の商品に関連する関税設定および利益を適用せずに、国内消費のために解放する-まるで個人使用の商品が自由流通に解放されたかのように。
    輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の計算には、税関当局による登録日に有効な輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の税率が適用されます。トランジット宣言の。
    税関が商品に関する正確な情報(性質、名前、数量、原産地、および(または)関税額)を持っていない場合、支払われるべき輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗関税を計算するための基礎税関の情報に基づいて決定され、商品の分類は、このコードの第3条の第20項を考慮して実行されます。 外国経済活動の商品命名法に従った商品コードが、10文字未満のグループ化レベルで決定された場合:
    • 輸入関税の計算には、そのようなグループに含まれる商品に対応する最も高い輸入関税率が適用されます。
    • 税金を計算するために、そのようなグループに含まれる商品に対応する付加価値税の最高税率と物品税(物品税または物品税)の最高税率。関税が設定されます。
    • 特別なアンチダンピング相殺関税の計算には、この条項の第XNUMX段落を考慮して、そのようなグループに含まれる商品に対応する特別なアンチダンピング相殺関税の最高率が適用されます。
  7. 特別、アンチダンピング、相殺関税は、商品の原産地に基づいて計算され、本規範の第4章に従って確認され、(または)特定の関税を決定するために必要なその他の情報があります。 商品の出所および(または)特定の義務を決定するために必要なその他の情報が確認されない場合、特別なアンチダンピングの対抗義務は、の商品に対して確立された特別な反ダンピングの対抗義務の最高率に基づいて計算されます。商品の分類が10文字のレベルで行われる場合は、外国経済活動の商品命名法の同じコード、または外国経済活動の商品命名法に従った商品のコードの場合は、グループ化に含まれる商品。文字数が10未満のグループ化レベルで決定されます。
    後で商品に関する正確な情報を確立する場合、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税は、そのような正確な情報に基づいて計算され、過払いおよび(または)過剰に収集された輸入額の払い戻し(オフセット)が行われます。このコードの第10章と第11章、および第76条と第77条に従って、関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税、または未払い金額の徴収。
    国際郵便物に関連する輸入関税および税金は、本規範の第7条の第287項で定められた金額の支払いの対象となります。
  8. 本法第6条第129項に従って一時保管のために通関の通関手続きを行った物品を配置する場合、または本法第7条第129項に従って通関手続きを行った場合、または拘留する場合関税、税金、特別、反ダンピング、対抗義務、および(または)それらの徴収(全部または一部)を支払う義務が履行された後の、このコードの第51章に従った税関当局による商品のこの条項に従って支払われた(または)徴収された関税、税金、特別、反ダンピング、対抗関税は、このコードの第10章および第76条に従って返還(相殺)の対象となります。
  9. このコードの第3条の第62項に従って、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務を履行するための担保が、通関手続きの通関手続き, そのような他の人は、申告者と共同で、そして個別に、関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務があります。
  10. 念のため 乗り物 通関手続きの対象となる外国製品を運ぶ国際輸送には、本法第3条第343項に従って加盟国の法律に従って決定された組織が付随し、そのような組織は共同で個別に義務を負うものとする。申告者との輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う.
  11. 鉄道による貨物の輸送中に、通関手続きの対象となる商品の申告者が、国際的に確立された方法で輸送のための通関手続きの対象となる商品を受け入れた加盟国の鉄道運送業者ではなかった場合鉄道輸送の分野における条約および独立国連邦の加盟国の鉄道輸送評議会の行為または輸送の分野における加盟国の法律、そのような鉄道運送業者は共同でかつ個別に輸入を支払う義務を負っている関税、税金、特別、反ダンピング、申告者との対抗義務。

第154条通関の通関手続に違反した場合の人の責任

  1. 通関手続きの対象となるすべての商品が不着の場合、および商品の配達場所への書類の場合、本法第150条に規定されている者は、加盟国の法律に従って責任を負うものとします。税関が通関手続きに従って商品をリリースした州。
    通関手続きに基づく商品の一部が不着の場合を含め、通関手続きに基づく物品の運送(輸送)中に義務が履行されないその他の場合、このコードの第150条で指定された者は、違反が検出された地域の加盟国の法律に従って責任を負うものとします。
  2. 通関手続きの通関手続きに従って鉄道で商品を輸送する際に運送業者の義務を履行しなかった場合の責任は、いずれかの加盟国の領土を通過するために商品を受け入れた鉄道運送業者が負担するものとします。鉄道輸送の分野における国際条約および国の鉄道輸送評議会の行為によって設立された-独立国連邦のメンバーまたは輸送の分野における加盟国の法律(商品の譲渡がある加盟国の鉄道会社。
    通関手続きの通関手続きに従って鉄道で商品を輸送する際の義務の不履行については、本条項の最初の段落で指定された鉄道運送業者は、その加盟国の法律に従って、以下の輸送について責任を負うものとします。商品が受け入れられる地域。