МЕНЮ

税関倉庫の通関手続き

第155条税関倉庫の通関手続きの内容と適用

  1. 税関手続き 税関倉庫-外国の商品に適用される通関手続き。このような商品は、この税関に商品を置くための条件に従って、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗税を支払うことなく税関倉庫に保管されます。手続きおよびそのような通関手続きに従ったそれらの使用。
  2. 税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品は、外国商品のステータスを保持します。
  3. 税関倉庫の通関手続きを使用して、以下を一時停止することが許可されています。
    1. 以前に一時輸入(入場)の通関手続きの下に置かれた商品の税関倉庫の通関手続きの下に商品を置くことによる一時輸入(入場)の通関手続き。
    2. 税関で処理するための通関手続きの下に置かれた税関倉庫商品の通関手続きの下に置くことによる通関地域で処理するための通関手続き、および(または)以前に処理のための通関手続きの下に置かれた商品の処理の製品税関の領土;
    3. 国内消費のための通関手続きの下に置かれた税関倉庫商品および(または)以前に国内消費のための通関手続きの下に置かれた商品の処理の製品の通関手続きの下に置くことによる国内消費のための通関手続き。
    4. 大きな寸法または荷積み、荷降ろし、および(または)保管の特別な条件のために税関倉庫に配置できない商品に関して、税関倉庫の通関手続きを適用することが許可されています。
      そのような商品の保管は、税関規則に関する加盟国の法律に従って発行された、そのような場所での保管に関する税関当局の許可を条件として、税関倉庫ではない場所で行うことができます。
    5. 委員会は、税関倉庫の通関手続きが適用されない商品のリストを決定する権利を有します。 (203年11.12.2018月XNUMX日付けのユーラシア経済委員会第XNUMX号の理事会の決定を参照)

第156条税関倉庫の通関手続きに商品を置くための条件およびそのような通関手続きに従ったそれらの使用

  1. 税関倉庫の通関手続きの下で商品を配置するための条件は次のとおりです。
    1. 税関倉庫の通関手続きに従った税関申告日の保管寿命および(または)商品の販売は、180暦日を超えます。
    2. この規範の第7条に従った禁止および制限の遵守。
  2. 税関倉庫の通関手続きに従った商品の使用条件は次のとおりです。
    1. 税関倉庫内の商品の配置と場所、およびこのコードの第4条の第155項で指定された商品-税関倉庫ではない場所に商品を保管するための税関当局の許可で指定された場所。
    2. 税関倉庫の通関手続きの有効期間の遵守。
    3. 税関倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品を使用して作業を行う場合は、このコードの第158条の規定に準拠します。

第157条税関倉庫の通関手続きの期間

  1. 税関倉庫の通関手続きの有効期間は、本条第3項および第3項に規定されている場合を除き、当該通関手続きの対象となった日から4年を超えてはなりません。
  2. 連邦直轄領に所在する外国商品に関して、税関倉庫の通関手続きを繰り返し適用する場合(異なる者がこれらの商品の申告者として行動する場合を含む)、通関手続きの有効期間の合計倉庫は、この記事のパラグラフ1に規定されている期間を超えることはできません。
  3. この記事の第1項に規定されている期間が満了する前に、税関倉庫の通関手続きに基づいて配置された商品は、このコードに規定されている通関手続きに基づいて配置されるか、この第39章に従って供給品としてリリースされる必要があります。コード。
    保管寿命および(または)販売が制限されている商品は、有効期限および(または)販売の180暦日前までに別の通関手続きを行う必要があります。
  4. 税関倉庫の機能が終了した場合、税関倉庫の通関手続きの下に置かれ、そのような税関倉庫に置かれた商品は、この機能の終了日の翌日から60暦日以内に通関倉庫は、別の通関倉庫に配置するか、このコードで提供される通関手続きに基づいて配置するか、このコードの第39章に従って消耗品としてリリースする必要があります。

158を§。 税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品で実行される操作

  1. 商品に関連する権限を有する者またはその代理人は、商品の検査および測定、商品の倉庫内での移動など、安全を確保するために必要な通常の操作である、税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品を処理する権利を有します。そして、このコードの第4条の第155項で指定された商品に関して、そのような商品の保管場所内で、ただし、これらの操作が商品の状態の変化、パッケージの違反、および(または)手段を伴わないことを条件とします。識別。
  2. 税関当局の許可を得て、税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品は、簡単な組み立て操作と次の操作で実行できます。
    1. サンプルおよび(または)商品のサンプルの選択。
    2. バッチの分割、出荷の形成、仕分け、梱包、再梱包、ラベリング、表示を改善するための操作を含む、販売および輸送(輸送)のための商品の準備。
    3. メンテナンス-そのような操作が必要な保管期間中の商品に関連して。
  3. 税関倉庫の通関手続きの下で行われる商品を使用して実行される操作は、外国経済活動の商品命名法に従ったコードの変更に関連するこれらの商品の特性を変更してはなりません。
  4. 税関倉庫の通関手続きの対象となる商品は、その機能上の目的に応じて使用することはできません。
  5. 税関倉庫の通関手続きの対象となる商品の全部または一部に関して、これらの商品の所有、使用、および(または)処分の権利の移転を規定する取引が行われる場合があります。

第159条税関倉庫での商品の保管

  1. 商品は、通関手続きの翌日から5営業日以内に、税関倉庫または税関以外の場所に保管するために税関当局の許可を得て指定された場所に配置する必要があります。税関倉庫の。
  2. 他の商品に害を及ぼす可能性のある商品、または特別な保管条件を必要とする商品は、そのような商品の保管条件に従って装備された税関倉庫に保管する必要があります。

第160条税関倉庫での保管期間中に使用できなくなった、腐敗した、または損傷した商品

税関倉庫での保管中に事故または不可抗力の結果として使用できなくなった、損傷した、または損傷した商品は、申告者が選択した通関手続きの下に置かれた場合、連邦直轄領に輸入されたものと見なされます。使用できない、損傷した、または損傷した状態。

第161条税関倉庫の通関手続きの完了と終了

  1. このコードの第157条に規定されている、通関倉庫の通関手続きの期限が切れる前に、この通関手続きの有効性は終了します。
    1. この段落で別段の定めがない限り、通関手続きの通関手続きを除き、このコードで規定されている条件で外国の商品に適用される通関手続きの下に商品を置くこと。
    2. 税関地域で処理するための通関手続きの再開。このコードの第3条の第173項に従ってその措置が一時停止された。
    3. 国内消費のための処理のための通関手続きの再開。このコードの第3条の第197項に従ってその効力は停止された。
    4. 一時輸入(入国)の通関手続きの再開。このコードの第3条の第224項に従ってその運用が停止された。
    5. 商品を通関手続きの通関手続きの下に置く場合、そのような商品が加盟国の領土からの輸送のためにこの通関手続きの下に置かれる場合、その税関当局は 商品の発売 それらが別の加盟国の領土で、税関倉庫の通関手続きの下に置かれるとき。
    6. この規範の第39章に従った供給品としての商品のリリース。
    7. 破壊の事実および(または)事故または不可抗力による商品の回復不能な損失、またはこれらの商品の結果としての取り返しのつかない損失の事実の税関規制に関する加盟国の法律に従った税関当局による承認通常の輸送(輸送)および(または)保管条件下での自然損失;
    8. 委員会および(または)税関規制に関する加盟国の法律によって決定された状況の発生。これに先立って、商品は税関の管理下に置かれます。
  2. 保税倉庫の通関手続きの下に置かれた商品は、XNUMXつまたは複数のバッチで通関手続きの下に置くことができます。
  3. 不完全または不完全な形式を含む、未組み立てまたは分解された形式で通関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品は、他の通関手続きの下に置かれ、以下に従って製品コードの宣言とともに通関倉庫の通関手続きを完了することができます。完全または完全な形式のコード商品に対応する外国経済活動の商品命名法、外国経済活動のための商品命名法に従って、外国経済活動のための商品命名法のセクションXVIに注記を適用することが可能である場合、および(または)以下の条件を条件として、外国経済活動2(a)の商品命名法を解釈するための規則:
    1. 税関倉庫の通関手続きに置かれた商品と、通関倉庫の通関手続きを完了するために通関手続きに置かれた商品の申告者は同じ人物です。
    2. 商品は、XNUMX回の取引の枠組みの中で連合の税関国境を越えて移動されました。
    3. 委員会が決定した場合、不完全または不完全な形式を含む、組み立てられていないまたは分解された形式で連合の税関国境を越えて輸送される商品の分類に関する決定の提出。
    4. 委員会によって決定された他の条件が満たされている。
  4. 税関倉庫の通関手続きが完了した後、商品は、のサブパラグラフ5〜1および6に規定されている状況が発生した日の翌日から8営業日以内に税関倉庫から輸出されることがあります。この記事のパラグラフ1。
  5. 税関倉庫の通関手続きが本条第1項に従って完了しない場合、通関倉庫の通関手続きは、本法第1条第2項および第157項に規定された期間の満了時に終了するものとする。このような商品は、このコードの第51章に従って税関当局によって拘留されます。
  6. 本法第3条第4項第157項及び第51項に規定された措置が定められた期間内に行われなかった場合、これらの期間の満了時に税関倉庫の通関手続は終了し、商品はこの規範の第XNUMX章に従って税関当局によって拘留されています。..。

第162条関税倉庫の通関手続に基づいて置かれた(置かれた)物品に関する輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の支払い義務の出現および終了、それらの支払いおよび計算の期限

  1. 税関倉庫の通関手続きに基づいて配置(配置)された商品に関連して、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務が発生します。
    1. 申告者から-商品申告の税関による登録の瞬間から;
    2. 税関倉庫の所有者から-商品が税関倉庫に置かれた瞬間から。
  2. 税関倉庫の通関手続きに基づいて配置(配置)された商品に関連する輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務は、以下の状況が発生した場合に申告者によって終了されます。
    1. 税関倉庫への商品の配置。
    2. 指定された状況が発生した後の税関の通関手続きの完了を含む、通関倉庫以外で商品の保管が行われた場合は、本法第161条に基づく通関倉庫の通関手続きの完了この記事のパラグラフ1のサブパラグラフ6にあります。
    3. 税関手続きに基づいて配置(配置)された商品に関連する輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗税を支払う義務は、通関手続きの完了時に税関の所有者によって終了されるものとします。本条第161項第2項に規定する事情が生じた後の税関の通関手続きの完了時を含め、本法第6条に基づく税関の通関手続き。
    4. 税関倉庫の通関手続きに基づいて配置(配置)された商品に関連する輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務は、本条の第2項および第3項で指定された者に対して終了します。次の状況の発生:
      1. 本法第7条第129項に基づく通関手続に基づき、通関倉庫の通関手続が終了した物品の配置。
      2. 輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税、および(または)本条の第7項に従って計算され支払われる金額でのそれらの徴収を支払う義務の履行。
      3. 破壊の事実および(または)事故または強制的な威嚇による外国製品の取消不能な損失の税関規制に関する加盟国の法律に従った税関当局による承認、またはこれらの商品の取消不能な損失の事実として通常の輸送(輸送)および(または)保管の条件下での自然損失の結果。ただし、これらの外国製品に関して本法に基づくそのような破壊または回復不能な損失の前に、輸入の支払い期限があった場合を除きます。関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税が発生しました。
      4. 税関の通関手続きに従って商品をリリースすることを拒否する-商品の申告を登録するときに発生した輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務に関連して;
      5. このコードの第113条に従った商品の申告の取り消し、および(または)このコードの第4条の第118項に従った商品のリリースのキャンセル-輸入関税、税金、特別を支払う義務に関連して、商品の申告の登録中に発生したアンチダンピング、相殺関税。
      6. 加盟国の法律に従って、商品を没収または加盟国の所有権(収入)に変換すること。
      7. この規範の第51章に従った物品の税関当局による拘留。
      8. 犯罪報告の検証中、刑事事件または行政犯罪事件の手続き中(行政手続きの実施中)に押収または逮捕された商品の通関手続きのXNUMXつに基づく一時保管または配置のための配置、およびそれに関する決定そのような商品が以前にリリースされていなかった場合、それらを返品するように作られました。
    5. 税関倉庫の通関手続きに基づく物品に関連する輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払う義務は、本条の第6項に規定された状況が発生した場合に履行されることがあります。
    6. 以下の場合、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税の支払い期限は次のとおりです。
      1. 宣言者で:
        • 税関倉庫に保管する前に商品を紛失した場合。ただし、破壊および(または)事故または不可抗力による回復不能な損失、または通常の輸送(輸送)条件下での自然損失の結果としての回復不能な損失を除きます。 (または)保管、-そのような損失の日、およびこの日が設定されていない場合、-税関倉庫の通関手続きの下に商品を置く日。
        • 税関倉庫の通関手続きが完了する前に商品を紛失または他人に譲渡した場合、商品の保管が通関倉庫内で行われなかった場合。ただし、破壊および(または)回復不能な損失による場合を除きます。通常の状態での自然損失の結果としての事故または強制的な損害または回復不能な損失輸送(輸送)および(または)保管-そのような損失または転送の日、およびこの日が設定されていない場合-配置の日税関倉庫の通関手続きに基づく商品。
        • 保管場所外への商品の輸出の場合、本法第4条第155項に従って税関倉庫で商品の保管が行われなかった場合、そのような輸出の日、およびこの日が設定されていない-税関倉庫の通関手続きの下に商品を置く日。
      2. 税関倉庫の所有者で:
        • 商品の紛失の場合、ただし、事故または不可抗力による破壊および(または)回復不能な損失、または通常の保管条件下での自然損失の結果としての回復不能な損失を除きます-商品の紛失の日、およびこの場合日は設定されていません-税関倉庫に商品を配置する日。
        • 税関の通関手続きの完了を確認する書類を提出せずに税関から商品をリリースする場合-商品の発行日、この日が設定されていない場合-商品を配置する日税関倉庫で。
    7. この記事の第6項で指定された状況が発生した場合、関税を輸入し、 、特別、アンチダンピング、相殺関税は、関税の好みや輸入関税の支払いの利益を適用せずに、税関倉庫の通関手続きの下に置かれた商品が国内消費のためのリリースのための通関手続きの下に置かれたかのように支払われますと税金。
      輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗税の計算には、税関当局による登録日に有効な輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、対抗税の税率が適用されます。税関倉庫の関税手続きの下に商品を置くために提出された商品の申告書。
      税関が商品の関税額を決定するために必要な正確な情報を持っていない場合、 関税額 商品は、税関が入手できる情報に基づいて決定されます。
    8. その後、商品の関税額を決定するために必要な正確な情報を確立する場合、商品の関税額は、そのような正確な情報、および過払いおよび(または)過剰に徴収された輸入関税、税金、特別、反-このコードの第10章と第11章、および第76条と第77条に従って、ダンピング、相殺関税が払い戻される(相殺される)か、未払いの金額が徴収されます。
    9. 本法第161条に基づく税関倉庫の通関手続きが完了した場合、または外国商品に適用される通関手続きに基づく本法第7条第129項に基づく配置、または税関による当該商品の留置の場合税関、税金、特別、反ダンピング、対抗義務、および(または)関税、税金、特別、(または)の徴収(全部または一部)を支払う義務を実行した後、このコードの第51章に従った当局この条項に従って支払われた、および(または)徴収された反ダンピング、相殺税は、このコードの第10章および第76条に従って返還(相殺)の対象となります。