МЕНЮ

破壊通関手続き

第248条。破壊のための通関手続きの内容と適用

  1. 税関手続き 破壊-外国製品に適用される関税手続き。これによれば、輸入関税、税金、特別、アンチダンピング、相殺関税を支払うことなく、そのような関税手続きの下に商品を置くための条件に従って、そのような商品は破壊されます。
    商品の破壊とは、商品を部分的または完全に破壊するか、消費者および(または)その他の資産を失い、経済的に有益な方法で元の状態に戻すことができない状態にすることを意味します。
  2. 通関手続きは、以下の商品には適用されません。
    1. 文化的、考古学的、歴史的価値;
    2. 加盟国の法律および(または)国際条約に従って保護されている種に属する動植物、それらの部分および派生物(必要な場合を除く) 絶滅 エピデミック、獣疫、および検疫対象の拡散を抑制するため。
    3. 質権関係の終了前に質権の対象として税関当局によって受け入れられた商品。
    4. 加盟国の法律に従って、押収された商品または押収された商品(重要な証拠であるものを含む)。
  3. 委員会は、本条の第2項に規定されているもの以外の商品のリストを決定する権利を有し、これに関しては、破壊の通関手続きは適用されません。
  4. 商品が破壊された場合、破壊の通関手続きは適用されないものとします。
    1. 環境に害を及ぼしたり、人間の生命と健康に脅威を与える可能性があります。
    2. 通常の目的に従って商品を消費することによって生産されます。
    3. 加盟国の政府に費用がかかる場合があります。

第249条商品を破壊の通関手続きに置くための条件

破壊のための通関手続きの下に商品を置くための条件は次のとおりです。

  • 商品の破壊の可能性に関する加盟国の認可された州機関の加盟国の法律に従って発行された結論の利用可能性。これは、商品の破壊の方法と場所を示します。
  • この規範の第7条に従った禁止および制限の遵守。

第250条。破壊のための通関手続きの適用の特殊性

  1. 通関手続きの対象となった物品の破壊は、実際の破壊に要した時間、破壊の方法と場所に基づき、税関当局が定めた期間内に実施されます。商品の破壊の可能性に関する加盟国の認可された州機関の結論で指定された時間枠(そのような条件がある場合)。
  2. 商品の破壊は、加盟国の法律で規定された方法で、破壊のための通関手続きの下に置かれた商品の申告者を犠牲にして実行されます。
  3. 商品の破壊の結果として発生する廃棄物は、この記事のパラグラフ5で指定された廃棄物を除いて、外国の商品のステータスを取得します。
  4. 商品の破壊の結果として発生した廃棄物は、発生した廃棄物がそれ以上の商業的使用に適さない場合を除いて、このコードで規定された条件の下で外国の商品に適用される通関手続きに置かれるものとします。加盟国の法律は、他の方法での埋葬、中和、処分または破壊の対象となります。
    破壊の結果として発生した廃棄物は、申告者が選択した通関手続きの下に置かれると、この州の連邦直轄領に輸入されたと見なされます。
  5. 破壊の結果として発生し、通関手続きの対象とならない廃棄物は、連合の商品のステータスを取得し、加盟国の法律に従って、承認の日から税関の管理下にないと見なされます。結果として生じる廃棄物は、さらなる商業的使用または税関への文書の提出日から、別の方法で生成された廃棄物の埋設、中和、利用または破壊の事実、またはそのような操作のためのそれらの転送の事実を確認します。