МЕНЮ

原産地証明書または 原産地証明書 これは商品の原産国を示す文書です。 税関は原産国によって異なります 義務 貿易協定の下で関税の嗜好や利益を得る可能性。

発展途上国の関税優先という考えは、1960の国連貿易開発会議(UNCTAD)で広く議論されていました。 他の問題の中でも、途上国は、MFNが途上国に利益をもたらすのに十分な速さで関税やその他の貿易制限を減らしたり排除したりするという点で、より豊かな国にとって障害となると主張している。

1971年、GATTはUNCTADの例に従い、発展途上国からの商品の関税選好を可能にする1979つのMFN免除を導入しました。 これらの免除は両方ともXNUMX年間導入されました。 XNUMX年、GATTは認可条項を通じてMFN義務の恒久的な免税を確立しました。 この例外により、GATTの契約当事者(今日のメンバーに相当)が許可されました WTO)他の国のために優先的な貿易スキームを作成します。ただし、これらのスキームは、彼らが恩恵を受けた国(いわゆる受益国)に関して「一般化され、差別的でなく、相互的」でなければなりません。 国々は、彼らの「友人」の数人だけに利益をもたらすGSPプログラムを作成すべきではありませんでした。

証明書にはいくつかの選択肢があります。

一般嗜好証明書は、一般選好制度の枠内で、ロシア連邦から外国やその経済団体によってロシア連邦に与えられた関税嗜好の対象とならないすべての国(CIS諸国を除く)に輸出される商品の原産国を正式に確認するために必要です。ロシア連邦から関税嗜好などの影響を受けないすべての国(CIS諸国を除く)に輸出された商品の原産国 一般選好システムの枠組みの中での外国またはその経済団体。

ロシアからCIS加盟国(アゼルバイジャン、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、タジキスタン、ウズベキスタン)への輸出を意図した商品には、CT-1形式の証明書が必要です。 コモンウェルス州、参加者間の貿易におけるその使用 FEA 関税率を0%に引き下げることができます。

ロシアからセルビアへの輸出を目的とした商品には、ST-2フォーム証明書が必要です。 ST-2フォームの原産地証明書の所有者は、ロシアの商品をセルビアに、セルビアの商品をロシアに輸入する際の関税の支払いが免除されます。

商品の輸入時に商品の原産地証明書 - フォーム "A"が使用されます。この証明書を使用すると、実質的な25%割引(基本関税の大きさに対して)で、または関税を支払うことなく商品を輸入できます。.

ロシア連邦の領土に商品を輸入するとき 税関 通常証明書を要求します。

  • ロシア連邦から税関の嗜好を受けている国々からの商品
  • 輸入が割当またはその他の措置によって制限されている商品の場合
  • 商品の原産地が不明または疑わしい場合
  • その他の場合には、ロシア連邦の法律および国際協定によって規定されています。