ISPM番号XXUMX

植物検疫措置に関する国際規格 

国際貿易における木製梱包材の規制

植物検疫措置に関する国際規格ISPM№15

植物検疫措置に関する国際基準(ISPM)は、世界の政策プログラムの一部としての国際植物保護条約事務局と、植物検疫に関する国連食糧農業機関の技術支援によって作成されています。

植物検疫措置(ISPM)の基準は、締約国によって受け入れられています。 IPPC 植物検疫措置に関する暫定委員会を通じて締約国と契約していないFAOメンバー。 ISPMは、衛生および植物検疫措置の適用に関する協定の枠組みの中で世界貿易機関のメンバーによって適用される植物検疫措置の基礎として認識されている規格、ガイドラインおよび勧告です。 IPPCの非締約国はこれらの基準を遵守するよう奨励されている。

この規格は、最初の3月2002における植物検疫措置に関する暫定委員会の第4回会合で採択された国際貿易に木製梱包材料を調整するためのガイドラインと題されました。

1附属書の改正は、4月に行われた2006の植物検疫措置委員会の最初の会議で採択された。 最初の改訂版は、3月から4月にかけての植物検疫措置委員会の第4回会合でこの規格、ISPM 2009として採用された。 15 Annexの対応する変更を伴う1 Annexの改訂版は、4月の植物検疫措置委員会の2セッションで4月に8に採択された。

この規格は、未処理の木材で作られた木製梱包材料との国際貿易に負担検疫病害虫の導入と普及のリスクを減らすために植物検疫措置について説明します。 この規格に該当する木質包装材料は、定着木材を含み、それは有害生物(例えば、合板)から自由になるように、リサイクル木材からなる木包装を含みません。 この規格に記述植物検疫措置が恒久的な目詰まりや他の害虫生物に対する保護のために意図されていません。

木材包装材料に関連する害虫は、森林の健康と生物多様性に悪影響を与えることが知られています。 この基準を適用することで、害虫の蔓延を大幅に減らし、その結果、害虫の悪影響を減らすことができます。 臭化メチル処理は、特定の状況でのみ、またはすべての国で利用できる代替処理がない場合、または他の適切な(非木材)包装材料が利用できない場合に、この規格に含まれます。 臭化メチルがオゾン層を枯渇させるという事実のために、植物検疫措置として臭化メチルの使用を置き換えるか減らすというCPM勧告が採用されました(CPM、2008年)。 環境への影響がより穏やかな代替手段を探し続けています。

木製梱包材料 未処理の木材は害虫の侵入と拡散のための道です。 木材包装材料の起源はしばしば決定するのが難しいので、害虫の蔓延のリスクを有意に減らすために国際的に認められた対策が記載されている。 NPPOs 承認された措置が適用されている木製梱包材を、追加の要件なしで服用することをお勧めします。 そのような木材包装材料は木材を含むが、リサイクル木材包装材料を含まない。

対策は国際的に認められ、標識の使用を含む、エンドース適用されているかどうかをチェックするための手順は、輸出と輸入国の双方に関与すべきです。 双方向の合意に達したその他の措置もまた、この規格では考慮されています。 木材梱包材が、この規格の要件を満たしていない場合、NPPOsは、その承認された方法を中和することができます。

ISPM 15で使用される植物検疫用語の定義は、ページ(植物検疫用語の用語集)にあります。.

木材包装材料による害虫の侵入と拡散のリスクを大幅に低減する承認された植物検疫措置には、樹皮を剥いだ木材の使用(樹皮の残留物に対する特定の許容範囲)および承認された処理の使用(付録1に規定)が含まれます。 識別マーキング(付録2に規定)を使用すると、承認された処理が施された木材包装材料を簡単に識別できます。 承認された治療法、ラベリング、およびその使用法の説明が提供されます。

輸出国と輸入国の国家植物検疫機関(NPPO)には、特定の義務があります。 処理と表示は常にNPPOの責任です。 マーキングの使用を許可する者は、処理、マーキングの使用、および処理を行う関連製造業者または構造物によるその適用を監視する(または、少なくとも監査または分析を行う)とともに、検査または監視と監査の手順を確立する必要があります。

修理または加工された木材包装材料には特別な要件が課されています。 輸入国のNPPOは、承認された植物検疫措置を木材包装材料の追加の植物検疫輸入要件なしに木材包装材料の輸入を承認するための基礎として考慮すべきであり、それがこの規格の要件を満たしているか輸入もチェックできる。 木材梱包材がこの規格の要件を満たしていない場合、NPPOは取られた措置に対して、また適切な場合には不適合の通知に対して責任を負います。

1。 規制の基礎

木材生きた木や枯れ木から得られた、害虫に感染している可能性があります。 木材包装材料は、処理されていない、または有害生物を除去または破壊するのに十分に処理されていない生木材から作られることが多く、したがって検疫有害生物の導入および流通のための方法として残っている。 木材の固定は検疫有害動植物の侵入と拡散の特に高いリスクを表すことが証明されています。 さらに、木材包装材料は非常に頻繁に再利用、修理、または再加工されます(4.3のセクションで説明されているように)。

木材包装材料の様々な部分の真の起源を特定することは困難である可能性があり、それがそれらの植物検疫の地位を確立することを困難にしている。 そのため、木材包装材料に関しては、植物検疫措置の必要性とその範囲を判断するために日常的に病害虫リスク分析を行うことは不可能であることが多いため、この規格はすべての国で木材包装材料に適用できる国際的に認められた措置を記述する。この物質に関連している可能性があるほとんどの検疫有害生物の侵入および拡散の危険性を大幅に低減

2。 調節可能な木製梱包材料

このガイドは、主に生きている木に危険をもたらす害虫を広める手段として役立つことができるあらゆる形の木包装材料をカバーします。 これには、通常の植物検疫検査を受けないものを含め、実質的にあらゆる輸入品に見られる、バテン、木枠、梱包箱、固定用木材、トレイ、ケーブルドラムおよびスプール/リールなどの木材包装材料が含まれます。

2.1の例外

以下の資料はかなり低いリスクを示しているため、この規格ではカバーされていません。

  • 木の梱包材は完全に薄い木でできています(厚さ6以下)。 ミリメートル );
  • 接着剤、熱および圧力、またはこれらの方法の組み合わせを使用して製造された、合板、合板、延伸合板または単板のような再生木材材料から完全に作られた木製包装。
  • 製造工程中に加熱されたワインおよびアルコール飲料用の樽。
  • ワイン、葉巻、および害虫による感染の可能性を排除する方法でリサイクルされた、またはその両方で製造された木材から作られたその他の商品用のギフトボックス。
  • おがくず、ウッドチップ、ウッドウール。
  • トラックやコンテナに恒久的に取り付けられた木造建築要素。

3。 木製梱包材料に関連する植物検疫措置

この規格は、木材梱包材のために承認されている(治療を含む)植物検疫措置を設定し、新規または改訂された治療法の承認のために用意されています。

3.1は、植物検疫措置を承認しました

この規格に記述承認植物検疫措置は、木製梱包材の処理やマーキングなどの植物検疫トリートメント、で構成されています。 それは国際的に認められた植物検疫措置の適用を示すようラベルの使用は、植物検疫証明書を使用する必要がなくなります。 すべてのNPPOsは、植物検疫措置の根拠は、さらに特定の要件なしに木製梱包材の輸入を許可すると考えるべきです。 この規格に記述承認された措置以外の植物検疫措置は、技術的な正当化を必要とします。
国際貿易で使用される木製梱包材料に関連した木を生物に最も有害に対して確実に有効であると考え1出願に記載されている治療法。 これらの処理は、ライブツリーの有害生物に再感染の可能性を低減するのに役立つ木材梱包の製造におけるdebarked木材の使用と組み合わされます。 これらの措置は考慮に基づいて採択されまし​​た。

  • それらが向けられている害虫のスペクトル。
  • 処理効率
  • 技術的および/または商業的実現可能性

承認された木材包装材料(木材の固定を含む)の製造には、主に3つのステップがあります。 処理、製造および マーキング。 これらの動作は異なる実行者によって実行されることができ、あるいは1人の実行者はこれらの動作のいくつかまたはすべてを実行することができる。 理解を容易にするために、この規格は製造業者(木材包装材料を製造し、適切に処理された木材包装材料にラベルを貼り付けることができる人々)および処理を行う人々に承認されています。材料)。

承認されたこれらの対策を施した木製梱包材料は、附属書2に従ってマーキング公式を適用することで示されます。 このマークは、特定の国、または製造者責任がある組織、ワイヤー処理および実行フォーム処理を示すコードと組み合わせて使用​​される特殊記号から成ります。 以下は、そのような指定のすべてのコンポーネントのコレクションは「マーキング」と呼ばれていると称される。 特定の言語に関連付けられていない国際的に認められた標識は、エントリのポイントで、その他の場所では、エクスポートする前の審査中に処理された木材梱包材の認識のプロセスを容易にします。

NPPOsは、附属書2、さらに特定の要件なし木製梱包材の輸入を解決するための基礎で指定されるようにマーキングすることを検討すべきです。
木製梱包材料の製造が使用されるためには、附属書1で指定された承認された治療法の一つとして開催された木材を、皮をむきました。 地殻の残基について許容差は、附属書1に記載されています。

新規または改訂された治療法の3.2承認

新技術情報既存の治療法を見直し、変更することができるよう、そしてFMCは、新たな代替治療および/または木製梱包材料の回路(S)の治療を承認することができます。 ISPM 28:2007は、IPPCの治療の承認のプロセスに関するガイダンスを提供します。 包装材料の任意の新規または改訂された処理木材処理回路を検証し、有効にする場合、すでに条件以前に承認された治療および/または回路に応じて処理された材料は、再処理または再ラベル付けする必要はありません。

3.3代替二国間協定

附属書1 NPPOsに定める措置に加えて、取引先との二国間協定を通じて認識し、その他の措置があります。 このような場合には、附属書2に含まれるマーキング、この規格のすべての要件がない限り使用すべきではありません。

4。 NPPOの責任

害虫の導入と拡大を防止するためには、契約当事者のエクスポートとインポートとそのNPPOsは(私が記事に定義され、IV及びIPPCのVIIとして)一定の責任を負います。 この基準の適用に関連する特定の義務は以下のとおりです。

4.1規制問題

(システムおよび/または関連する)、鍛造、スタンピングおよびマーキング常にNPPOによって能力の球体を参照しなければなりません。 NPPOsは、そのマーキングの使用を許可する、すべてのシステムが許可され、この規格の実装のために承認されたことを確保する責任があり、それを想定しているから、木製梱包材料(または木材は、木炭を作ることを確実にするためだけでなく、この規格に定めるすべての要件マーキングを有する包装材料)を処理及び/又はこの規格に従って製造されています。 NPPOの責任は次のとおりです。

  • 必要に応じて、承認、登録、および認定
  • 遵守を検証するための処理およびラベル付けシステムの管理
  • 検査、検証手順の確立、および必要に応じて監査(追加情報はISPM 23に記載されている:2005)。

NPPOは、監督(または、最小値、監査や分析など)の処理を行うため、同様に与えることを、適切な場合には、マークの使用と割り当てを承認する必要があります。 処理が不十分または誤っ処理された木材梱包材におけるマーキングの存在を防止するために、マーキングの前に行うべきです。

4.2アプリケーションとマーキングの使用

この規格に従って処理された木材梱包材に適用されるマーキングのインストールの種類は、附属書2に定める要件に適合しなければなりません。

リサイクル、改装や変換木製梱包材の処理、標識用4.3要件

附属書2で説明マークをつけた木製梱包材、修理または変更された国のNPPOsは、このような木製梱包材の輸出に関連し、この標準システムに完全に準拠を保証する責任だけでなく、監視、コンプライアンスのためのものです。

木製梱包材料の4.3.1リユース

修復されていないこの規格に従って処理し、マークされた木製梱包材の単位、変えないか、そうでなければ改変されたが、再処理またはユニットの耐用年数全体にマーキングを必要としません。

4.3.2改装木製梱包材料

修復木材梱包材を除去し、最大三分の一個の要素によって置換されている包装材料、木材、と考えられます。 木材梱包材を修復しなければならない標識場合に、NPPOsこの修復は、この規格、又は加工木材から作られた木材製品(2.1の項を参照)に従って処理使用される唯一の木材であることを保証すべきです。 処理された木材を修復するために使用される場合、各添加元素は、この規格に従って別々に標識されなければなりません。

それは害虫に発見された場合木製梱包材料の入手可能性は、いくつかのラベルは、木製梱包材料の起源を決定する際に問題を作成することがあります。 リノベーションの木製梱包材料の下で国のNPPOsは、木製梱包材料の一片に表示されることがあります異なるマークの数を制限することをお勧めします。 修復木材梱包材が修復木材梱包材は前マーキングユニットを消去されていることを必要とするかもしれない従ってNPPO国は応用1に従って再処理し、次いで2アプリケーションに応じて、マーキングに適用されています。 臭化メチルは、次に注意CPM勧告交換又は植物検疫措置としての臭化メチルの使用を減少させるに含まれる情報を受け入れする場合(QPSK、2008 g)は、再処理のために使用されます。

修理ところ、すべての単位要素修理木製梱包材は、この標準、または木製梱包材やNPPOの国を確立することは困難で、その構成要素の単位の起源に基づいて処理されているかどうかについて疑問がある場合は木製梱包材料は、改装することを要求すべきです木製梱包材料は、再処理された破壊あるいはkachesの国際貿易の中に移動することは許されなかったました 現在の標準に従った木製梱包材料VEの。 再処理の場合、すべての以前にマーキングが永久(例えば、絵画又は欠失によって)破壊されなければならない適用。 マーキング再解析は、この規格に従って再適用する必要があります後。

4.3.3変換木製梱包材料

木材梱包材の複数の第3の素子部により交換した場合には、このユニットを再加工することが考えられます。 このプロセスの間に、様々な要素(余分な改変必要な場合)を組み合わせてもよいし、その将来の使用のための木材梱包材に再組み立て。 変換された木材梱包材は、新規及び以前に使用され、両方の成分を含む可能性があります。
いずれも、以前にマーキング恒久的に(例えば、絵画や除去によって)変換された木製梱包材で破壊されなければなりません。 変換された木材梱包材は、その後標識はこの規格に従って新たに適用されるべきである、再処理されます。

輸送中の商品は、木製梱包材が含まれている場合は、この規格の要求事項を満たしていない、トランジット国のNPPOsは、この木製梱包材から許容できないリスクことを確実にするために設計された措置の適用を要求する権利を持っています。 トランジットの組織に関するより詳細なガイダンスはISPM 25に記載されています:2006を。

輸入で4.5手続き

木製梱包材料は、それ自体で、それらが通常植物検疫制御の対象とならないなど、出荷の大半、中に存在しているので、NPPOは通常、輸入植物検疫要件の遵守を検証することと関連していない団体と協力することが重要です。 例えば、税関やその他の関係機関・団体との協力がNPPOsは木製梱包材の有無についての情報を得るのに役立ちます。 これは、この標準の木製梱包材料の要件の可能性非準拠の例効果的に検出するために重要です。

非コンプライアンス要件のエントリのポイントに4.6植物検疫措置

ISPM 5.1.6.1と5.1.6.3:20不適合と緊急行動に関する関連情報は2004 13 2001 ISPMのセクションに含まれています。 アカウントに木製梱包材の頻繁な再利用を考えると、NPPOsは矛盾が輸出国または通過国に比べて、製造、修理又は改造の国ですぐに発生する可能性が明らかに考慮すべきです。

木材包装材料に必要な表示がない場合、または有害生物の識別が処理の非効率性の可能性を示している場合、NPPOはそれに応じて対応し、必要に応じて服用します。 緊急行動。 そのような行動は、状況を明確にするときの商品の遅延、そして必要ならば不適切な材料の除去、3処理の実行、破壊(または他の信頼できる処分)または積み替えになるかもしれません。 許容されるオプションのその他の例は、1補足にあります。 いかなる緊急措置についても、影響が最小であるという原則を遵守する必要があり、出荷自体は付属の木製梱包材と区別する必要があります。 さらに、緊急措置が必要でNPPOが臭化メチルを使用する場合は、FMC勧告の関連する側面を遵守する必要があります植物検疫措置としての臭化メチルの使用を置き換えるか減らす(FMC、2008)。

ライブ害虫の場合、輸入国のNPPOsが正しく、おそらく、原産国を輸出国の国に通知したりする必要があります。 木材梱包材のユニットが複数のマーキング有する場合には、NPPOは、非準拠の通知の投与前に非対応の構成要素の起源を決定することを試みるべきです。 NPPOsは、標識や他の非適合例不在の場合に通知を送信するようお待ちしております。 考慮セクション4.3.2の規定を取って、木材梱包材の単一ユニット上の複数のマークの存在が遵守する障害ではないことに留意すべきです。

Комментарии(0)

0票に基づく5からの0の評価
エントリーなし

役に立つものを書く

  1. ゲスト
素材を評価してください:
添付ファイル(0 / 3)
現在地を共有する