大豆、トウモロコシ、アスピックの植物検疫要件 ごはん ロシア連邦から輸入された菜種

「国境を越えて輸出入される動植物の検疫に関する中国の法律」、「国境を越えて輸出入される動植物の検疫に関する中国の法律の適用に関する規則」、「食品の安全性に関する中国の法律」、「食品安全に関する中国法の適用」、「輸出入品の検査に関する中国法」、「輸出入品の検査に関する中国法の適用に関する規則」、「農業におけるGMO安全管理に関する中国規則」、「連邦政府間の議定書」ロシア連邦の獣医および植物検疫監督のためのサービス、および大豆、トウモロコシ、アスピクの植物検疫要件に関する中華人民共和国の品質管理、検査および検疫のための主要な州政府 ごはん 中国に輸入された菜種」

許可された 加工を目的としており、栽培を目的としていない大豆、トウモロコシ、ワイルドライス、ナタネを輸入すること。

中国での大豆、トウモロコシ、水稲の輸出が許可されている生産地域は、ハバロフスク地方、プリモルスキー地方、トランスバイカル地方、アムール州、ユダヤ自治州に限られています。 中国への輸出のための菜種生産の領土は、シベリアと極東の国々に限られています。

検疫有害動植物のリスト

 大豆用  とうもろこし  水稲用  菜種用
Diaporthephaseolorum var。 カリヴォラ トウモロコシ萎縮モザイクウイルス   Trogodermagranariumが反転する Leptosphaeriamaculans(Desm。)Ces.et de Not。 
Verticilliumalbo-atrum シトフィラス穀物  シトフィラス穀物 Verticilliumdahliaeクレブ。
Verticilliumdahliae  Acanthoscelidesobtectus  Macrophominaphaseolina シュードモナスsyringaepv。 maculicola(McCulloch)ヤング他
Curtobacterium flaccumfacienspv。 Flaccumfaciens Trogodermagranariumが反転する  Acanthospermumhispidum Heteroderaschachtiiシュミット
Pseudomonas savastanoipv パセリコラ Acanthospermumhispidum  Cenchrusincertu Trogoderma spp。 (中国語以外)
アラビアモザイクウイルス Ambrosiaartemisiifolia  モロコシhalepense(L.) Bruchus spp。(非中国語)
サヤインゲンモザイクウイルス Ambrosiatrifida   Sitophilus granaries(L.)
タバコ輪紋ウイルス Ambrosiatrifida   AvenaludovicianaDurien
タバコストリークウイルス Cenchrusincertus   Centaurearepens L.
トマト輪紋ウイルス Centaruearepens L   Centaureadiffusa lamarck
Acanthoscelidesobtectus(言う) ユーフォビアンデンタタMichx   クスカ属の種。
Callosobruchusmaculatus モロコシhalepense(L.)   Loliumtemulentum L.
Acanthospermumhispidum Xanthium spinosum   Sorghumhalepense(L.)Pers。 (ジョンソングラスとその雑種)
Ambrosia artemisiifolia     Ambrosia spp
Ambrosia trifida     SolanumrostratumDunal
Ambrosia ailostachya     Solanumcarolinense L.
アノダクリスタタ     オロバンチェ種。
クスカ属の種      
ユーフォルビアデンターミッチ      
Loliumtemulentum      
シダスピノサ      
Solaunmrostrarum      
Solanum triflorum      
ソルガムhalepense      

 

出荷および輸送前の要件

ロシア側は:

  • 関連規格に従って、大豆、トウモロコシ、アスピック米、輸出用の菜種の生産地における中華人民共和国の検疫値の害虫を監視すること。 IPPCまた、監視記録も保管してください。
  • 包括的な予防策を実施し、中華人民共和国にとって有害な隔離価値のある生物の発生の度合いを減らし、さらに大豆、トウモロコシ、アスピック、菜種の生産を監視する。
  • 中国側の要件に従って、中国側に上記の監視結果と予防措置に関する情報を提供します。
  • 大豆、トウモロコシ、アスピック米、菜種の輸出企業と貯蔵施設の登録、適切な予防措置と清掃の遵守の確認、中国への登録企業の輸出前の登録輸出業者と貯蔵施設のリストの提供。 登録された会社のリストは動物学部のウェブサイトおよび総合総局のウェブサイトでリアルタイムに更新されます。 ロシアで穀物の栽培と貯蔵に従事している中国企業は、植物検疫の分野で管轄のロシア当局に登録申請書を提出し、検査と検疫監督のための上記要件を満たさなければなりません。 まだ正式に登録されていない企業は、内モンゴルARと黒龍江省と吉林省がアゼルバイジャン共和国の検疫検疫総局の上記関連規制法を遵守していれば、暫定措置に該当する。
  • 大豆、とうもろこし、米、菜種の加工・保管・輸送の際に検疫監視を実施し、リスクを低減し、輸送する穀物作物に含まれる中国にとって検疫上重要な害虫の侵入を防止する。 生きている昆虫、特別に加えられた穀物不純物または他の外来不純物の含有は禁止されています。 中国に輸入された大豆、トウモロコシ、米、菜種は、土壌、植物の残骸、雑草の種子を効果的に除去するために、適切なスクリーニングと洗浄を行う必要があります。 上記の製品は、加工、保管、輸送の際に、上記以外の地域の製品と一緒に保管しないでください。 中国に輸入された大豆、トウモロコシ、米、菜種は、輸送中の穀物のこぼれや漏れを防ぐために、包装または特別な穀物運搬船で輸送する必要があります。 乗り物 衛生上の要求と流行の要求を遵守しなければならない。

輸出前の要件

大豆、トウモロコシ、米、菜種を中国に輸出する前に、中国側は植物検疫の専門家をロシアに派遣し、生産地の予備チェックを実施し、大豆、トウモロコシ、米、菜種の栽培、輸送、輸出システムの有効性をレビューおよび評価します; ロシア側は、中国側が事前確認を行うのを支援し、中国に輸入された大豆、トウモロコシ、米、菜種の植物検疫輸入要件の遵守を保証します。 必要に応じて、両当事者は、現地調査のために技術専門家と交渉し、共同で派遣できます。 輸出される前に、ロシア側は、中国に輸入された大豆、トウモロコシ、米、菜種を検疫します。 プロトコル要件を満たしている場合、ロシア側は 植物検疫証明書 関連するIPPC基準に基づき、添付の宣言に「ロシアから輸入されたトウモロコシ/米/大豆/菜種に課されるこのトウモロコシ/米/大豆/菜種のバッチは、プロトコルの植物検疫要件(17 12月から2015)を満たしている」と示す。 ロシア側は中国側にその識別と会計のための植物検疫証明書の見本を前もって提供している。

輸入大豆は、「国境を越えて輸出入される動植物の検疫に関する中華人民共和国法」およびその適用規定、中華人民共和国法による食品の安全性とその利用に関する規定、ならびに中華人民共和国の輸出入品検査に関する法律の遵守が求められます。そしてその適用に関する規定、「農業におけるGMOの安全性の管理に関するPRCの規則」およびその他の法的規制、関連する規格および規則。

トウモロコシ、米、大豆、菜種の要件に関する議定書のI.3によれば、ロシア党は、トウモロコシ、米、大豆、ナタネの輸出までの輸送中の状態を出荷まで出荷し、中国の検疫害虫の発生の可能性を減らすためのあらゆる可能な措置を講じ、穀物および他の不純物の存在の排除。

トウモロコシ、米、大豆、菜種、トウモロコシ、米、大豆、菜種の貯蔵、輸送の過程でのロシア党の要件に関する議定書のパラグラフ4に従って、輸出のための出荷前に、土壌、植物部分の残留物を除去するためにこれらの作物の穀物をきれいにする措置を講じる、危険な雑草やその他の不純物の種。

食事、ケーキの要件に関する議定書のパラグラフ3によると、製品は、PRCのために隔離された害虫、他の生きている害虫、排泄物または動物の残骸、鳥の羽、土壌、および正式に登録されていない遺伝子組み換え成分を含まない必要があります中国の国内法の順守。

植物検疫措置に関する国際基準No. 7「輸出認証システム」(ローマ、1997)によれば、輸出認証システムに従って認証された輸出品は、輸入国の現在の植物検疫要件を満たさなければなりません。

植物検疫措置に関する国際基準の4段落12「植物検疫証明書のガイドライン」(ローマ、2011)に従って、輸入植物検疫要件が満たされていることが確認された場合にのみ、植物検疫証明書を発行する必要があります。

7 No. 20.01.2016品質管理、検査、検疫に関する中華人民共和国の主管庁の命令により承認された穀物の輸入および輸出時の国境での検疫監督および管理に関する規則の177項により(ウェブサイトに掲載) www.fsvps.ru)、PRCに輸入された穀物への不純物の添加は禁止されています。

この点で、中国の穀物製品、ならびにケーキおよび食事の植物検疫認証は、上記の要件を条件としてのみ可能です。

したがって、中国への輸出を目的とする穀物、ミール、ケーキのバッチに外来不純物が存在する場合、ロッセルホズナドゾル管理局は、14に従って、輸入国の植物検疫要件に規制製品のバッチが準拠していないため、植物検疫証明書の発行を拒否します13.07.2016 No.293からロシア農務省の命令により承認された植物検疫証明書、再輸出植物検疫証明書、検疫証明書の発行手順。

検疫レビューと承認

大豆、とうもろこし、米、菜種を輸入する前に、貨物の所有者またはその代理人は、「動植物の輸入に関する検疫許可」を総局に申請する必要があります。 大豆、とうもろこし、米、菜種の輸入は、関連する要件を満たす確立されたチェックポイントから行われ、穀物の生産と加工は、検査および検疫部門に問題なく合格した企業で行われます。 総局発行の「動植物の輸入に関する検疫許可」により、大豆、とうもろこし、米、菜種の検査を行っています。 GM製品を申告する貨物は、添付の「農業GMO安全証明書」の有無を確認します。

輸入大豆、とうもろこし、米、菜種については、「輸出入穀物作物・飼料の検査・検疫規則」(総局令第4号)、「植物の検査と検疫のための作業ガイドライン」、「コンテナで輸送される輸入穀物作物の現地検査と検疫を実施するための作業規則」(草案)(主局[7]、第2007号)の対応する規定およびその他の関連する法的行為。 大豆、とうもろこし、米、菜種の輸入後、加工に使用され、これらの作物の市場への直接の入場は禁止され、栽培への使用は禁止されています。 検査および検疫部門は、輸送中の輸入作物の流出および漏出の防止、ならびに輸送、荷積みおよび荷降ろしプロセスの中国の植物検疫の抗疫病要件の遵守について検疫監督を実施する必要があります。 検査および検疫部門は、害虫監視主局のガイドラインに従って、ロシアから輸入された大豆、トウモロコシ、米、菜種に含まれる雑草およびその他の外国の流行状況を監視する必要があります。 検疫価値のある害虫を傍受するための要件に違反した場合、以下の措置が適用されます。委託品は、害虫を排除するための効果的な処理の対象となり、その後輸入が許可されます。 害虫を排除するための効果的な治療法がない場合 貨物 返品や破損の恐れがあります。 関連費用が支払われます。 EXPORTER.

深刻な状況下では、関係するロシアの輸出業者、貯蔵施設および輸出地域からの穀物の輸入は、状況を改善するための効果的な改善策が講じられるまで一時的に中断されています。 要件に明記されていない他の検疫値の害虫が検出された場合、「国境を越えて輸出入される動植物の検疫に関する中華人民共和国法」およびその使用規定に従って適切な措置を講じる必要があります。 その他の検査および検疫要件「中華人民共和国食品安全法」およびその適用規定、中華人民共和国の輸出入品検査法、およびその適用規定、中華人民共和国の農業におけるGMOの安全管理に関する規則その他の関連法規の輸入穀物の安全性と衛生、GMO、その他の特性は中国の基準に適合しなければならない。 法律に従って不適合の事件が特定された場合には、適切な検査と検疫措置が取られるべきである。

中国への穀物輸出に関するすべての情報は、RosselkhoznadzorのWebサイトで入手できます。.

小麦、トウモロコシ、米、大豆などの原料を中国に輸出するお手伝いをします
ロシアからの輸出のリクエスト

Комментарии(0)

0票に基づく5からの0の評価
エントリーなし

役に立つものを書く

  1. ゲスト
素材を評価してください:
添付ファイル(0 / 3)
現在地を共有する
外部フォーム1「給与別の従業員数の分布に関する情報」、27.01.2021年37月05日(別の期間)のRosstat注文番号04で承認されたものと同様の承認済みフォームで、電子プレゼンテーションをアップロードする可能性があります。 XML形式、バージョン2021-XNUMX-XNUMX。
01:25 17-04-2021 もっと詳しく...
BUKH.1Cの編集スタッフは、出て行く週の最も明るく前向きなニュースを思い出させます。
00:50 17-04-2021 もっと詳しく...
下院は、特定の活動の終了について規制当局に通知することを組織および個々の起業家に義務付ける法案を受け取りました。
23:35 16-04-2021 もっと詳しく...